空を見上げて

近江富士・三上山(みかみやま)

DSC_0967本日の山行はダブルヘッダーです。

山に向かうときに栗東ICを過ぎたあたりで、目の前にど〜んと形の良い山が現れます。
それが三上山。
独立していて、その形がきれいな円錐形であることから近江富士と呼ばれています。
標高は432m。往復で1時間半ほどで登ることができます。
ずっと登りたいと思っていましたが、なかなかその機会がありませんでした。

今日は鈴鹿の帰りにまだ時間と体力に余裕があったので、行ってきました。
麓に御上神社があり、三上山はそのご神体です。
御上神社の駐車場にはたくさんの車が止まっており、三上山の人気ぶりがうかがえます。

DSC_0004今回は表道を登って、裏道を下るルートで。
表道の登り初めは緩やかですが、山頂が近づくにつれ、岩場が出てきて、急登となります。
甘い気持ちで登りに行くと、苦労すると思います。
山頂は気に囲まれていて景色は見えませんが、山頂から少し下ったところは展望が開けており、琵琶湖方面の眺めがよいです。

裏道は表道よりは緩やかですが、完全な山道なので、しっかりした登山装備が必要です。

歩行時間が短く、標高も低く、景色も良いことからファミリーでも楽しめます。
子ども連れの登山者がとても多い山でした。
つつじの木がたくさんあったので、5月に入れば花で彩られると思います。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 23:10  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

白砂の山頂!鈴鹿・羽鳥(ハト)峰[朝明渓谷→ハト峰→金山→水晶岳]

DSC_0860今年の4月は前半はとても雨が多かったのですが、最後の土日はどちらも、全国的に晴れの予報。
今週こそ残雪の山を楽しもうと思っていたのですが、数日前から右胸に鈍痛があり、体調がおもわしくないので、近場で軽くハイキングにすることにしました。

今週もどこに行くかかなり迷って、前から気になっていた鈴鹿の羽鳥(ハト)峰にしました。
釈迦ヶ岳と御在所岳の間にひっそりと存在する山頂です。
この区間はあまり歩く人はありませんが、そこに白い峰の山頂があります。
それが羽鳥峰。

DSC_0927滋賀県側から神崎川を登っていくルートの予定だったのですが、なんと登山口へ続く林道が国道からの入り口でゲートでふさがれていました。
ゲートから歩いていくことも考えたのですが、舗装路を余分に片道1時間ほど歩くのが嫌だったので、三重県側の朝明渓谷から登ることにしました。

朝明渓谷の駐車場は広いのですが、7時半ごろ到着した時はすでに50台ほど止まっていました。
皆さん、釈迦ヶ岳に向かわれる方が多そうです。

朝明渓谷から羽鳥峰へは登りで1時間ほど。お手軽なハイキングです。
途中で分岐があり、谷ルートと林道ルートがありますが、今日は谷ルートで行きました。

谷ルートは堰堤を越えていく個所が複数あり、なかなか急登です。
基本的に沢の中を進んでいくので、大雨や台風で増水が予想されるときはこのルートは通らないほうがよいでしょう。
だんだん沢を詰めていき、空が明るくなったら、稜線に出ます。
そこが羽鳥峰峠です。

羽鳥峰峠からすぐそばに羽鳥峰があります。
白い山頂が日の光でキラキラ光り、とても美しい!
甲斐駒の山頂のようです。
関西ではこのような白い山頂のお山はとても珍しいです。

鈴鹿は個性を持った山が多いますが、羽鳥峰もその一つですね。
惜しいのは山頂が小さく、また標高が低いため、ほとんど目立たないこと。
そのためその存在感があまりありません。
そのぶん、静かでとてもよいのです。

まだまだ歩き足らなかったので、鈴鹿の稜線を南へ向かい、金山と水晶岳を巡って根ノ平峠から朝明渓谷へ戻ることにしました。
この稜線歩きは大きなアップダウンはなく、なかなか楽しいです。
5月の上旬になればアカヤシオがこの稜線を彩りそうです。
暑くなる前にまた歩いてみたいルートです。
山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 21:36  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

神東寿司

IMG_20150419_115409155春日野道商店街にある神東寿司。
税込540円で豪華な海鮮丼ランチが食べられます。
ただし、先着35人ほどまで。
11時半オープンですが、11時20分ぐらいにお店の前に行くと、すでに15人ほどが並んでいました。

ランチの主力メニューは
海鮮丼(並) 500円
海鮮丼(大) 750円
上海鮮丼 980円
※いずれも税抜き価格

ただし、海鮮丼(大)と上海鮮丼はさらに数量限定でそれぞれ先着5人ほどまでしかなさそうです。
そんなわけで、この日は海鮮丼(並)で。

IMG_20150419_11540338それでも、どんぶりから溢れそうな具材で見た目も楽しく、お腹も満たされました。
あらで出汁をとった赤出しもとてもおいしく、大満足です。

具材そのものは高級な食材が使われているわけではありませんが、種類も多く、新鮮でおいしいです。
これで500円では原価を割っているのでは?と心配になるほど。
おそらく神戸で一番コストパフォーマンスの良い海鮮丼だと思います。

今度は11時から並んで、海鮮丼(大)か上海鮮丼を食べたいですね。
※阪神春日野道駅と阪急春日野道のちょうど中間あたりです。
 どちらからでも徒歩10分ほどです。

IMG_20150419_121127758



ぐっちgucci1212jp  at 23:21  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 神戸のグルメ  

比良山系最高峰!武奈ヶ岳(坊村→武奈ヶ岳→八雲ヶ原→金糞峠→イン谷口)

DSC_0602出張や旅行などでしばらく山には行けていませんでした。
今週の土曜日は高気圧に覆われ、全国的に天気が良いという予報。
今シーズンはまだ雪山に登り足りないので、八ヶ岳にしようか、木曽駒にしようか、唐松岳にしようか、荒島岳にしようかいろいろ迷ったのですが、日曜日の天気が悪そうで日帰りでしか楽しめそうにないので、近場の比良山系・武奈ヶ岳にしました。
比良山を横断したかったので、車を使わず、電車・バスで。
坊村から武奈ヶ岳山頂を経て比良駅へ下りるプラン。
春の花が咲いているかなぁという期待もありました。

DSC_0661坊村から御殿山ルートは登り初めから激しい急登です。
今日は荷物が軽いので、ちょっと体に負荷をかけてみてペースを速めてみました。
標高が上がってくると、ブナが増えてきます。
いずれも木の下のほうは曲がっており、冬はかなりの雪が積もるんだなぁと感じさせられます。
御殿山から武奈ヶ岳山頂に向けて西南稜を歩くのが、景色もよくてとても心地よいです。
山頂の直下にはショウジョウバカマがたくさん咲いていました。

2時間強で山頂に到着。
やや霞がかかっていましたが、とても景色がよいです。
琵琶湖が見えるのがよいね!
風もなく日差しが暖かったので、のんびりとランチ。

下りは八雲ヶ原方向へ。
ここでルート選択を誤りました。
コヤマノ分岐からイブルキのコバへ向かいましたが、このルートが思いのほか残雪が多く、歩きにくい。
また、残雪のためルートが不明瞭で正しいルートを探すのにとても苦労します。
何とかイブルキのコバまで行けましたが、残雪期はこのルートはやめたほうが良さそうです。

DSC_0666八雲ヶ原には初めて行きましたが、今の季節はとくに見るものはなし。
また、花が咲くころに行きたいです。
八雲ヶ原からは金糞峠へ。
余裕があれば、堂満岳を経由して下ろうと思っていたのですが、足に疲れが来ていたので、そのまま金糞峠から青ガレを下ってイン谷口へ。
が、この青ガレの下りがかなり疲れます。
斜度が急で足場が悪く、足の裏がかなり痛くなりました。

イン谷口からは土日祝限定ですが、JR比良駅までバスが出ているので便利です。
歩けば50分ぐらいかかるところを10分弱で行けます。運賃は350円。

青天の中、久しぶりの山歩きを楽しめたのですが、今の武奈ヶ岳はあまり見どころはないです。
雪山として楽しむには遅すぎ、残雪も中途半端で踏み抜きも多く歩きにくいです。
春の花が咲くにはまだ早い季節。
ブナの新緑を楽しむにもまだ早い。
八雲ヶ原も茶色く枯れた状態で、見どころなし。
5月〜6月になればシャクナゲやブナの新緑も楽しめそうなので、またそのころに行ってみます。

山行レポートはこちら


ぐっちgucci1212jp  at 22:03  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

ミニトマトとシシトウとシソとバジルを植えました

IMG_20150412_1618045434月に入ってから天気の悪い日が続きます。
今日は久しぶりの天気の良い休日。
昨日の夜まで、山に行こうと計画していましたが、散髪もしたいし、体も休めたかったので、家でのんびりすることにしました。

■今日のスケジュール
統一地方選の投票
 ↓
庭の草刈り
 ↓
散髪
 ↓
ドコモショップに諸手続き変更
 ↓
野菜の苗を買いに行く
 ↓
庭に野菜の苗を植える
 ↓
ジオラマ制作の続き

かなり盛りだくさんな一日でした。

暖かくなって庭の雑草が目立ってきており、このままほっておくと手が付けられなくなりそうなので、一気に抜いていきました。
雨が続いていて、地面が緩んでいたので、とても楽ちん。
30リットルのごみ袋が盛りだくさんになりました。

IMG_20150412_161816986そして、その庭で家庭菜園を再開!
今年は、去年のミニトマト、バジル、青シソに加えて、シシトウに挑戦してみます。
ホームセンターに行くと、ミニトマトで1つ310円の高級な苗がありました。
「サントリー本気野菜 ガンバ 疫病に強い 丈夫で多収!」
今年はこれに期待してみます。

また、夏にバジルをたくさん収穫してジェノベーゼソースを作りたいです。



ぐっちgucci1212jp  at 21:42  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 家庭菜園  

和歌山ラーメン 井出商店

TLbzw20歳過ぎまで関西に住んでいましたが、和歌山を訪れることはほとんどありませんでした。
関西に戻ってきてからも、和歌山には登りたい山がなく訪問の機会なし。
熊野古道や那智の滝など観光名所があることは知っていたのですが。

そして、先週末、白浜のアドベンチャーワールドに赤ちゃんパンダに会いに行く機会ができました。
ということで、約25年ぶり(子どものころ、これもやはり家族でアドベンチャーワールドへ)に和歌山へ。

せっかく和歌山に来たのだから、和歌山ラーメンを食べよう。
和歌山ラーメンも久しぶりです。
新人のころ、同期の仲間たちと大井町あたりの和歌山ラーメン屋さん(たぶん、のりや)に食べに行きました。
その時の感想は、うわ!納豆臭い!
その印象があったので、それ以来和歌山ラーメンを食すことはなく。
実に15年ぶりぐらいの和歌山ラーメンです。

和歌山ラーメンではとても有名な井出商店へ。
人気店だけあって、日曜日の16時ごろに入店しましたが、次から次へとお客さんが入ってきます。
チャーシュー多めの特製中華そば800円を注文。

懐かしのラードが焦げたような納豆のような香り。
でも、不思議としつこさはなく、クリーミーでおいしいです。
量が少なめなので、するっと食べきってしまいました。
近くにお店があったら、定期的に食べに行きたくなる味です。
嫁さんはテーブルの上にあった巻き寿司(150円)もいっしょに頂いていました。

三ノ宮の加納町交差点の近くに和歌山ラーメン「丸高」があります。
ここも評価の高いお店です。
今度、食べに行ってみよう。



ぐっちgucci1212jp  at 20:46  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ラーメン | ご当地グルメ 

赤ちゃんパンダを見に南紀白浜へ

DSC_02632014年12月2日に南紀白浜のアドベンチャーワールドでパンダの双子の赤ちゃんが産まれたということ。
赤ちゃんのころの可愛らしさは今しか見られない!ということで、見に行ってきました。

紀伊半島の南端の白浜はものすごく遠いイメージがありますが、今は白浜の手前の田辺まで高速道路が通じているので、神戸からは200km弱、時間にして3時間半ほどの近さです。

赤ちゃんパンダはやっぱり人気です。
見るまでに30分並びました。
赤ちゃんパンダはコロコロしてかわいいです。
まだうまく歩けないので、這い這いして移動して、ときどきゴロンと寝ころびます。
まるでたれぱんだのようです。

アドベンチャーワールドはとても広いです。
全部をくまなく見ようと思うとまるまる1日はかかりそうです。
また機会があったら行きたいですね。

■仲良しパンダの双子
DSC_0224


■赤ちゃんパンダのお尻
DSC_0242


■ライオンがゴロン
DSC_0530


■チーターもゴロン
DSC_0466


ぐっちgucci1212jp  at 20:48  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

ジオラマ作り 〜田舎の駅前の風景〜

IMG_20150403_221417251テーマが決まってからもなかなかアイデアが浮かばず、しばらくお休みしていましたが、創作意欲がわいてきたので、ここ数日は真剣にジオラマ作りに取り組んでいます。

前回の農村風景と異なり、町の風景は建物が必要なのでお金がかかります。
またアスファルトの道路や歩道を作るのはなかなか難しい…
微妙な段差が難しいですよね。

とりあえず、構造物の配置がやっと決まりました。
これからどんどん作り込んでいきます。

IMG_20150403_220249809


ぐっちgucci1212jp  at 22:18  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ジオラマ作り  

春を待つ霊仙山(りょうぜんざん)

DSC_0958先日、伊吹に登ったときに向かいに見えた霊仙山(りょうぜんざん)
そろそろ雪も融けて、福寿草も咲いているかなぁと思って行ってきました。

榑ヶ畑(くれがはた)登山口から霊仙山の頂上を経て、西南尾根のお花を見て周回して戻ってこようと計画していたのですが、汗拭峠〜落合間が土砂崩れのため通行止めとなっており、ピストンとなりました。

榑ヶ畑登山口の駐車場は10台ほどしか停められないので朝早く出発。
6時半に登山口に着くと2台しか停まっていませんでしたが、12時に登山口に戻ってくると、駐車場はいっぱいでした。

5合目までは緩やかな登りです。
5合目から急坂になり、やがて樹林帯を抜けて景色が良くなります。
が、雪融けで地面がドロドロのぬかるみで滑り、登りも下りも難儀します。
そして、ゲイターと靴がものすごく汚れます。
これは雪融けシーズンの登山の宿命ですね。

DSC_09787合目まで登ると平坦になり、石灰岩が点在する面白い景色を楽しみながら山頂に向かいます。
この景色は関西の山にはないですね!
雪はかなり融け、ところどころに残雪が残っている状態です。
風も暖かく、山は春を待っている感じですね。

少し春霞がかかっていましたが、山頂からは伊吹山が美しいです。
福寿草を探そうと、少し西南尾根まで足を伸ばしてみましたが、今回歩いたところでは見つけられませんでした。

今日の霊仙山では鹿の足跡と糞、そして実際に群れで走る鹿の姿をかなり多く目にしました。
福寿草をはじめ、その他の花が食べられてしまうのがとても心配です。
山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 21:05  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

残雪期の剣山(つるぎさん)

DSC_0713久しぶりの平日の休日。
前日に天気予報を見ると、日本列島は大きな高気圧に覆われ、ほとんどすべてのエリアで快晴の予報。
これはもう山に行くしかないでしょう!
東西南北すべての山が快晴なので、どこに行くか迷うような状態。とても贅沢な気分です。
赤岳か硫黄岳か、と思っていたのですが、日帰りで八ヶ岳まで行くのはさすがにしんどいので、四国の剣山にしました。

剣山は無雪期に何度か登ったことがあるのですが、積雪期に行くのは初めて。
以前からずっと雪が積もった白い稜線を見てみたいなぁと思っていました。

剣山は標高差も距離も少なく無雪期はハイキング気分なのですが、積雪期はかなりレベルが上がります。
まず、登山口まで行くのが大変。
通常は徳島道の美馬ICを下りてから山岳国道438号線のクネクネ道を1時間ぐらい走れば登山口の見ノ越に到着するのですが、今の季節は見ノ越の手前5kmほどの地点から路面の凍結が激しく、かなり冷や冷やしながら走らないといけません。
今日はICを下りてから1時間半ぐらいかかりました。そんなわけで登山口まで行くまででかなり疲れます。

DSC_0709見ノ越からリフト西島駅まで夏道の登山道をほぼなぞる感じで。
通常、冬の剣山はこの西島駅から尾根ルートで山頂へ向かうのが一般的ということ。
この日は天気も良く、時間もあったので、あえて尾根ルートを行かず大剣神社を経由して登ってみることにしました。
が、これが結構キツイ。
トレースがなく、またルートを示すテープもなく、進む方向に悩みます。
さらに気温が上がってきて、雪がグサグサになってきて急な斜面の登りが特に大変。
それでも大剣神社の上部からは景色が良く、とても楽しめます。

山頂は真っ白な雪原です。
そして、山頂から次郎笈(じろうぎゅう)へ続く白い稜線がとても美しい!
登る前は次郎笈まで行こうと思っていましたが、この日は気温が高く、雪の状態が悪くかなり難儀しそうなので、やめました。
そんなわけで山頂でのんびりランチ。
暖かく、風もなく、のんびりできました。

DSC_0717下りは尾根ルートで。
尾根ルートはとても楽ちんです。
1時間強で見ノ越まで下山してきました。

積雪期の剣山ですが、距離と標高差の少なさから甘く見ていましたが、それは間違いでした。
踏み入る人が少ないためか、踏み跡が少なく、また目印のテープもないので、自分でルートファインディングする技術が必要となります。
今年はそろそろ雪解け。
来年は次郎笈(じろうぎゅう)まで行ってみようと思います。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 21:08  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア