空を見上げて

男のロマンに憧れて鉄道模型始めました

DSC_0632先日、会社の方のお家に遊びに行ったのですが、「これぞ、男のロマン!」というお家でした。
趣味を極限まで高め、自分の個性をしっかり強調し、人生を楽しむ。
それに感化され、前からやってみたかった鉄道模型を始めてみました。

もともと電車が好きで、子どものころはプラレールを経て、Nゲージで遊んでいたこともあるのですが、何せ子どもにしてみればはるかに高価なおもちゃでした。
それが、大人になってみると、それほど手が届かないものではないんですよね。

DSC_062120年ぶりぐらいにTOMIXやKATOのカタログを買ってきて読んでみると、なかなか進化していますね!
特にTOMIXの実車と同じような運転台に憧れました。
電車の運転はカッコいいもんなぁ。
よし、これは最初に絶対買おう!

ということで、線路と運転台と車両を買ってきました。
車両は大好きなキハ40系ディーゼルカー。
最初に製造されたのが1977年。私の生まれ年と一緒です。
私の世代ぐらいの人であれば馴染みが深いのではないでしょうか。
子どものころ、地方の非電化のローカル線といえばこの車両だったなぁ。
車体が大きく重量感があるのですがその割にパワーがなくて、出発するときにエンジン音だけけたたましく鳴り響くもなかなか動き出さず、ゆっくりゆっくり走り出すところがユーモアでした。
登り坂になると、それこそエンジン音と振動がすさまじく、「がんばっているなぁ」と感じていました。
今でも地方では現役で走っています。

DSC_063420年ぶりのNゲージ。
なかなかすばらしいです。
特にこの運転台はステキ。
マスコンハンドルを加速にするとゆっくり走り出し、惰性運転も可能です。
停車するときのブレーキ操作がコツが入ります。
決まったところにピッタリ停めるのがなかなか難しい。
これは楽しめそうです。

模型そのものも、ものすごくリアルにできています。
また、以前はヘッドライト、テールライト、室内灯はスピードに合わせて明るくなったり暗くなったりしていましたが、今は常に同じ明るさなんです。
これは素晴らしいですね。

大きなジオラマを作ってその中を走らすのが夢です。
どんなジオラマを作ろうか考え中です。

ぐっちgucci1212jp  at 18:25  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

南アルプス・光岳(てかりだけ)

DSC_0423光岳。
「ひかりだけ」ではなく、「てかりだけ」と読みます。
山名の由来ですが、山頂の直下に石灰岩の大きな2つの岩があり、これが夕日に照らされて光ることから、その名が付いたということです。
その名前を知ったときから、ずっと登っていきたいと思っていました。

南アルプスの最南部に位置しており、アプローチが非常に困難で、相当準備をしないとなかなか行けないお山です。
最短ルートは長野県側の易老渡から。
去年の9月に、易老渡から聖岳〜茶臼岳〜光岳を3泊4日で歩こうと計画しましたが、台風が来て易老渡への道が崩落し、山行は中止。

DSC_0410今年、リベンジしたかったのですが、今年も8月上旬の台風で道が崩落し、途中で通行止め。
諦めきれず、畑薙第一ダムから茶臼岳経由でテント泊2泊3日で登ることにしました。

今年の夏は週末はずっと天気が悪く、久しぶりの快晴の週末でした。
さらに3連休ということもあって、各地の山はものすごいにぎわったようです。
光岳も予想より多い登山者でしたが、それでも静かな山歩きを楽しめました。
南アルプス南部はこの静かさが良いですね。
もっといろいろ歩きたいです。

DSC_0506光岳は百名山ではありますが、標高が2600mほどで山頂からの眺望もなく、南アルプスでも地味な存在。
確かに、今回歩いたルートでは光岳のすべての姿が見えず、その魅力を十分に味わえなかったと思われます。
今度は池口岳に登ってみて、光石がピカッと光っているところを眺めたいと思います。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 22:28  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

六厘舎 東京

IMG_20140902_191500199六厘舎(ろくりんしゃ)。
10年ほど前に始まった魚介系つけ麺のブームの火付け役かなぁと思います。
大崎に店舗を構え、超濃厚スープが人気でいつも大行列ということでした。

魚介系ラーメン好きの私としては一度は食べたいラーメン。
一度、夜勤明けに、「よし、今日は平日ですいているだろうからチャンス!」と思って、大崎のお店に行ったのですが、平日にも関わらず大行列で、さすがに徹夜明けの眠気のまま1時間以上並ぶのはしんどいと思い、諦めました。
いつか食べに行きたいなぁと思っていましたが、大崎のお店は急に閉店。

その後、東京駅のラーメンストリートにオープンしましたが、そのころ自分は神戸に引っ越し。
東京出張の折に食べに行こうとずっと思っていましたが、店の前に来るといつも大行列で、帰りの新幹線のことを考えると長く並ぶこともできず、その機会がありませんでした。

先日、やっとそのチャンスに恵まれ、30分ほど列に並んでやっと食べることができました。
せっかくなので、得製つけめん大盛り。1280円。

スープは濃厚でどろっとしています。
海苔に魚粉が載っていますね。
そしてチャーシューのほぐしたものも。
麺は極太でスープに合います。

魚介系の上品な風味を期待していましたが、ちょっと豚の味が強いですね。
こってりしすぎていて、しつこさがあります。
ちょっと期待しすぎたか…

ここは朝ラーメンもやっているということなので、今度の東京出張のときは早めに東京駅に行って、朝ラーメンを食べてみよう。

魚介系ラーメンで日本で一番おいしいのはやっぱりお茶の水のめん徳二代目つじ田だと思います。

IMG_20140902_193020254



ぐっちgucci1212jp  at 22:03  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ラーメン  

白山・別山の展望台 大日ヶ岳

DSC_00268月最後の休みは南アルプス南部のテント泊登山を予定していましたが、天気がどうにも不安定なので、四国のテント泊山行にプラン変更するも、こちらも天気が悪そうなので、ガッツリ登山はあきらめました。

そんなわけで、わずかな晴れ間を期待して日帰りで岐阜の大日ヶ岳へ。
雪のシーズンにスキー場のゴンドラを使ってスキーを担いで登ったことはありましたが、夏は登ったことがありませんでした。

ゴンドラを使わなくても、スキー場を登って2時間ほどで山頂に立て、山頂からは白山、別山の展望が楽しめるので、ハイキングにおすすめの山です。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 21:18  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

百名山の棚卸し(2014年8月)

22bff9f6511473ec36135f146cc62a118月もそろそろ終わり。
今年の7月〜8月はまったく夏らしくない夏でした。
梅雨みたいな天気が続き、街でも山でも青空を見ることがほとんどなかった…
計画していたお山も、台風や天候悪化のため中止を余儀なくされ消化不良です。

9月、10月は天気の良い日が続けばよいなぁ。
ただ、夏が暑くなかったので、今年の紅葉はあまり期待できなさそうな感じです。

前回の百名山登頂記録の棚卸から1年が経ったので、そろそろ棚卸をしておきます。
前回はこちら

<No> <山> <標高> <最新登山日> <感想>
 1  利尻岳  1719m  1999年 8月 北海道チャリツーリングで知り合った仲間達と。
 4  阿寒岳  1499m  2005年 8月 北海道チャリツーリングの途中でふらっと。
11  八甲田山 1585m  2009年 5月 スキーを担いで。一日ではもったいない。
12  八幡平  1613m  2006年10月 東北チャリツーリングの途中で。悪天候でした。
15  鳥海山  2236m  2011年 7月 海抜0mから登りました!
16  月山   1980m  2006年 5月  スキーを担いで。
21  安達太良山 1700m 2011年 2月 スキーを担いで登りましたが、山頂は猛吹雪…
23  会津駒ケ岳 2132m 2011年 5月 スキーを担いで。残雪期に2回登ってます。
24  那須岳  1915m  2007年10月 紅葉がきれいでした。
27  巻機山  1967m 2013年 5月  残雪期にチャレンジするも体調不良で撤退
28  燧ケ岳  2356m  2011年 5月 東北最高峰。これまで4回ぐらい登りました。
29  至仏山  2228m  2011年 9月 とても好きな山。これまでに7回登ってます。
30  谷川岳  1977m  2011年 4月 山スキーで熊穴沢を滑降。スリルある斜面です。
31  雨飾山  1963m 2012年10月  お花がきれい。秋は紅葉もきれい
32  苗場山  2145m 2011年10月  山頂は湿原です。お花がきれい。
32  火打山  2462m 2012年10月  天狗の庭の紅葉を期待!でもお天気悪し…
36  男体山  2486m  2002年6月 山頂の形が馬蹄みたいで面白いです。
37  日光白根山 2578m 2003年8月 湖がとてもきれい。
40  赤城山  1828m  2011年12月 2011年2月、12月にそれぞれ地蔵岳、黒檜山に
41  草津白根山  2171m  2013年 8月 ステキなヒュッテに泊まってまったりと
42  四阿山 2354m   2013年10月 根子岳といっしょに。北アルプスの絶景がステキ!
43  浅間山  2568m 2011年 9月  外輪山と一緒に。ステキな眺めでした〜
44  筑波山  877m   2008年11月 ふらっと紅葉のシーズンに。
45  白馬岳   2932m 2012年 8月  会社の友人と大雪渓を登る。山の上ですき焼き!
46  五竜岳   2814m 2012年 8月  このお山の頂上で奥さんに出会いました
48  剱岳   2999m 2012年 9月  念願の剱岳!人が多かった
49  立山   3015m 2012年 9月  緩やかな稜線歩きはとても楽しい
50  薬師岳   2926m 2013年 7月  お天気悪く楽しめず。リベンジしたい
54  槍ヶ岳  3180m 2012年 6月  残雪期。1泊2日で新穂高から飛騨沢ピストン
56  常念岳   2857m 2012年11月  槍、穂高の眺めがすばらしい
58  焼岳  2455m 2014年 7月  活火山!楽しいです
59  乗鞍岳  3026m 2014年 5月  スキー滑降。雪が残っている季節に行きたい
60  御嶽山  3067m 2012年 5月  残雪期。この山で初めて真っ白な雷鳥を見ました
63  蓼科山  2530m 2012年 2月  山頂は広い!360度すべてが見渡せます
64  八ヶ岳  2899m 2013年 1月  2013年、ようやく厳冬期の赤岳を登頂できました
65  両神山  1723m 2011年 8月  お天気悪く、景色を楽しめず…。沢が涼しい。
66  雲取山  2017m 2012年12月  東京で一番高い山。
67  甲武信岳 2475m 2013年 7月  7年ぶり2回目。今度は沢を登っていきました
68  金峰山  2599m 2010年11月  稜線の曲線がとても優美。
69  瑞牆山  2230m 2009年11月  奇岩がいっぱいで楽しいです。
70  大菩薩嶺 2057m 2011年 1月  お手軽に登れて景色のよいお山。合ハイ向き。
72  富士山  3776m 2013年 9月  9月に人が少ないときに登るのが好き
74  木曽駒ヶ岳  2956m 2012年 5月  スキーで滑ってきました。雪の千畳敷は美しい
76  恵那山  2191m 2013年 3月  ポカポカ陽気の残雪期で楽しかった
77  甲斐駒ケ岳  2967m 2010年 9月  男らしい山。自分の中のベスト5に入ります。
78  仙丈ケ岳  3033m 2013年 4月  2013年、このお山でプロポーズしました。山頂には行けず、手前の小仙丈ヶ岳で
79  鳳凰山  2840m  2013年 1月  2012年-2013年の年明けは鳳凰三山縦走
80  北岳   3193m  2010年 7月  日本で2番目に高い山。登り応えあり。
81  間ノ岳   3189m  2011年 7月  白峰三山縦走。3000m級の稜線は迫力あり
83  悪沢岳  3141m  2013年10月  荒川小屋のカレーがおいしかった!
84  赤石岳  3120m  2013年10月  山頂からの富士山が美しかった!
85  聖岳  3013m  2014年8月  便ヶ島しからテント泊で。あいにくお天気悪し。
87  白山  2702m 2014年7月  花の山と呼ばれるだけあって、お花がきれい
88  荒島岳  1523m 2012年 4月  残雪期。白山の展望台でした
89  伊吹山  1377m 2013年 2月  スキーを担いで。
91  大峰山  2462m 2012年11月  近畿最高峰八経ヶ岳へ。絶景でした
92  大山  1729m 2014年 4月  残雪の季節、元谷から見上げる北壁は美しい
93  剣山  1955m 2012年10月  四国の背骨!美しい〜
94  石鎚山  1982m 2012年10月  西日本最高峰!頂上直下の鎖がスリリング
95  九重連山  1791m  2014年5月  ミヤマキリシマの季節を狙って。坊ガツルは最高のテント場です
98  霧島山  1700m  2014年8月  鹿児島出張のついでに韓国岳と高千穂峰へ。
99  開門岳  922m  2009年 3月  九州チャリツーリングの途中で。

※赤字は2013年9月3日〜2014年8月28日までに登った山

新たに登った百名山は6つで、これで累積62座となりました。あと38座です。
昨年秋から今年にかけては南アルプス南部や九州のお山に手を広げ始めました。

東北のお山にしばらく行けていないです。
関西からは遠いけれど、年に1回ぐらいは飛行機で遠征したいなぁ。



ぐっちgucci1212jp  at 20:08  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

霧島連峰・韓国岳(からくにだけ)

DSC_0955霧島連峰の最高峰は韓国岳(からくにだけ)。標高は1700m。
名前の由来は諸説ありますが、山頂から韓の国(朝鮮半島)まで見渡せたから、とか。

高千穂峰から下山した後、レンタカーでえびの高原へ移動し、さくっと登ってきました。
山頂からは大小さまざまな火山と、霧島連峰のすべてが見渡せるはずなのですが、天気が悪く、真っ白で何も見えませんでした…
絶景への期待が大き過ぎただけに落胆の度合いも大きかったです。

またミヤマキリシマの咲くころに期待ですね。
新燃岳の活動が治まったら、霧島連峰の縦走もやってみたい。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 22:08  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

霧島連峰・高千穂峰(たかちほのみね)

先週末は労組のイベントで鹿児島へ。
この機会に九州の山も登ってしまおう!ということで、鹿児島空港から近い霧島登山を計画しました。

DSC_0897鹿児島県と宮崎県の境に位置する霧島連峰は大小さまざまな火山が集中しており、まるで火山の展示場のような特異な景色が見られます。
高千穂峰は標高1574mで霧島連峰で第2位の高さ。
山頂には「天逆鉾」が立っており、坂本龍馬さんと奥さんのおりょうさんが新婚旅行で訪れて、この鉾を抜いたことでも知られています。

高千穂河原からのルートは頂上まで2時間ほどのコースタイム。
「これは楽ちんなハイキング」と甘く見て、ローカットのアプローチシューズで臨んだのが失敗しました。

DSC_0888ルートのほとんどが深い火山灰の上を歩きます。
御鉢への登りと、頂上への登りはかなりの急斜面で足が沈む…
かかとから砂が入ってきて、難儀しました。
ミドルカットかハイカットの靴で登るのが正しいと思います。
下りは富士山の砂走りのようにスピードを出して下れます。

登り始めてすぐに樹林帯を超え、景色が広がります。
すぐそこには最近大きな噴火があった新燃岳(しんもえだけ)。
その奥に霧島連峰最高峰の韓国岳(からくにだけ)が見えます。

あいにく、天気が悪く、山頂は雲の中。
絶景は楽しめませんでした。
また天気の良いときに登りに行きたいと思います。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 21:24  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

警報の発表範囲

ものすごい悪いタイミングで台風11号がやってきました。
夏休みの土日、お盆休みの初日ということで各地でお祭りやアウトドアイベントや花火大会などもたくさんあったはず。
多くの人が落胆し、損害が出たのではないでしょうか。

屋外イベントに限らず、交通機関の影響もあるので屋内イベントでも開催をどうするか迷うこともあり、イベント企画者は大変ですね。
私も今日は休みの予定でしたが、朝の大雨の中、レインウェアを着て出勤しました。

ただ、子どものころはこうして台風が来るのを楽しみにしていたのも事実。
というのも、警報が出たら学校が休みになるから。
前日から台風ニュースを見てワクワクドキドキしていました。

今日も朝から警報のニュースを見ていたのですが、昔と変わったことに気づきました。
昔は発表範囲がとても広かった。
「兵庫県南部」とか「兵庫県北部」とか。
それが、今は「神戸市」とか「西宮市」とか「姫路市」とか市町村単位で発令されるのですね。

子どものころ、「兵庫県南部」に大雨警報や暴風警報が出たら学校がお休みになったのですが、兵庫県南部といっても範囲が広く、神戸が大雨でも姫路のほうは快晴ということもあるので、ちょっと得した感じでした。

今は、ほんとにピンポイントで自分の学校が存在する市町村に警報が出たときしか休みにならないと思うと、今の子どもはちょっとかわいそうだなぁと思います。


ぐっちgucci1212jp  at 21:34  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 時事  

聖岳(便ヶ島から人力ゴンドラに乗って)

DSC_0784南アルプス南部の聖岳(ひじりだけ)。標高3013mで日本のお山で最南の3000m峰です。
昨年の9月に3泊4日で聖岳と光岳をつないで縦走しようと計画したものの、台風が襲来し中止になり、さらに大雨の影響で登山口である易老渡(いろうど)・便ヶ島(たよりがしま)までの林道ががけ崩れで通行止めになってしまったので、その年のチャレンジはあきらめました。

今年、林道が無事なうちに聖岳か光岳のどちらかに登っておきたいと思い、聖岳に1泊2日で向かいました。
中央道飯田山本ICから遠山郷まで1時間ほど。
そこからダート区間込みの林道をさらに1時間ほどくねくね走って、聖岳の登山口である便ヶ島に到着します。
なかなか遠いです。

がんばって標高差2000mを登りましたが、あいにく天気が悪く、山頂からの景色は楽しめず。
天気予報では晴れの予報だったんだけれど…
また天気の良いときにリベンジしたいと思います。

昨年の秋に荒川三山・赤石岳を歩いた時にも感じましたが、南アルプス南部に来る登山者は熟練者が多く、みんな登るスピードが速いです。
テント装備の私たちは次々に抜かれていき、むなしくなってきます…

夏の最盛期、北アルプスや南アルプス北部のお山は大混雑ですが、この南アルプス南部は人口密度が薄く、とても快適です。
テントをぎゅうぎゅう詰めに張る必要もないし。
登山口までのアプローチは遠いですが、しばらく夏は南アルプス南部の山に登り続けようかなぁと思い始めています。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 23:28  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

オートキャンプはじめました

DSC_0416これまで自転車ツーリングや登山で、テント泊は100泊以上してきましたが、「オートキャンプ」はやったことがありませんでした。
自分にしてみれば、キャンプというものは旅や山行の移動の途中でやむなく行うものという考えがあったからでしょうか。
わざわざ車でテントを張るためだけにキャンプ場に向かうという感覚がなかったのですよね。
それが最近、さすがに自分も歳を取ってきたので、レジャーの一つとしてオートキャンプもありかなぁと思い始めたというわけ。
アウトドアは大好きですが、子どものころからオートキャンプというものはやったことがなかったので、初めての経験。
いろいろ手探りで始めています。

まずはテント。
IMG_20140726_185519469snowpeakの「アメニティドーム」。
これまで山岳用テントしか経験がなかった自分からしてみれば、ものすごく大きくて快適です。
「大人2人+子ども2人サイズ」とありますが、山の人間からしてみれば、大人4人でも全然抵抗感のない広さです。
無理すれば5人は寝れるかも。天井も150cmぐらいあるし。
これで税抜で3万円を切っているのだからものすごくリーゾナブルに思えます。
山岳用テントは2人用で4万円を軽く超えてしまいますので。

あわせて、椅子、机、バーベキュー台、タープなどのオートキャンプに必要な道具も。

というわけで、先週は登山を兼ねて白山の山麓に、今週は淡路島にキャンプに行ってきました。
そして結論。
真夏にキャンプをやるべきではない

■理由1:暑い
昼間はものすごい暑いです。テントを張るだけで汗だく。
夜もシュラフに入って眠れるような温度ではありません。

■理由2:蚊が多い
夕方になるとどこからともなく蚊が現れます。
しかも、数えきれないぐらい大量に。
ご飯を食べていても次々に襲撃してきて、落ち着きません。
蚊取り線香も虫除けスプレーも役に立たず。

そんなこんなで、体を休めようと思ってキャンプに行くと逆に体が疲れてしまいます。
夏は標高1,000m以上の高地でやるのがよいかなぁ。
10月ぐらいに涼しくなったら活動的に動きたいと思います。

あと、オートキャンプに必要な道具。
・ペグ打ちのハンマー
 山のテン場では手ごろな石がゴロゴロ落ちているので、ペグ打ちに使ったり、張り綱の固定に仕えるのだけれど、オートキャンプ場は整備されて過ぎていて、石がない!
 しかも整地されていて地面が固いことが多いので、しっかりしたペグとハンマーが必要だと学びました。

・大きくて明るいランタン
 夜は真っ暗になってしまって、晩ご飯後に片づけをするのも困難なので。
 ガスで灯すものは虫が寄ってきそうなので、LEDのものが良いかなぁ。

・うちわ
 バーベキューで炭火を起こすときに必要。
 でも、AC電源付きのサイトだったら、ホットプレートのほうがお手軽で掃除も楽ちんかも。
 アウトドアらしさがなくなりますが…

もっといろいろ勉強します。







ぐっちgucci1212jp  at 22:25  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア