空を見上げて

六甲山・須磨アルプスハイキング。須磨離宮公園で梅のお花見

天気の良い休日。
そろそろ梅の花も咲き始めたかなぁということで、六甲山のハインキングへ。
板宿駅から須磨アルプスを経て、須磨離宮公園へ下りるプラン。
午前中の3時間でゆっくり歩けます。

DSC_1375ed


須磨離宮公園の植物園に小さいながらも梅園があり、たくさんの人で賑わっていました。
満開になっている木もありましたが、全体的には5分咲きぐらいでしょうか。
まだまだ楽しめそうです。

頬をなでる風は冷たいですが、梅の花が咲きはじめ、春の訪れを感じることができるハイキングでした。
幸い、まだ花粉は飛んでいなかったようで、下山後も目と鼻に異常はありませんでした。

山行レポートはこちら

DSC_1453ed


ぐっちgucci1212jp  at 21:28  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

久しぶりにいい笑顔を見た

昨日はお休みを頂いたので、今日は土曜日の出勤。
お昼はどこにしようかなぁということで、松本さんと神戸東部市場へ。
オリーブキッチンがいっぱいだったので、プリンス亭でラーメンにすることにしました。

久しぶりにプリンス亭に行くと、なんと!スタッフに女性のアルバイトが加わっていました。
これまで、あの狭いお店の中をおじさん一人で切り盛りしていたので、かなり華やかな雰囲気になりました。

DSC_1068


そして、そのアルバイトの笑顔がとてもいいのですよね。
帰りに松本さんと「久しぶりにいい笑顔を見たよね」と同じ感想を共有しました。

レジでお金を受け渡しをするときにしっかり笑顔で対応し、「またのご来店をお待ちしております」とハキハキとお客さんを送り出す。
接客スタッフとして当たり前のことではありますが、実は最近、飲食店やコンビニ、小売店でもこのような当たり前のサービスに触れることがめっきり少なくなってきています。

その理由の一つはやはり外国人スタッフの増加があるでしょうか。
ファーストフード店、居酒屋、コンビニなどで中国、東南アジアのスタッフが当たり前の時代になりました。
言葉が通じない国に来て、その文化、言葉を学びながら働くということは大変なことだと思います。
なので、接客スタッフとして必要最低限の業務はこなせていますが、ホスピタリティという付加価値までまだ手が回っていない状況が感じられます。

ならば、勝手知ったる日本人スタッフがそこを補えばよいのですが、今の日本は空前の人材不足。
時給を1,000円にしても人が集まらない状況です。
いったいアルバイト適齢期の若者はどこへ行ってしまったのでしょうか?
やはり少子化が影響している?
そして、数少ない日本人スタッフもこうした店頭スタッフのスキルが良いとは言えない状況です。

この20年で自分が接客を受ける中で、接客サービスの質が次第に低下してきているのを感じてきました。
そして、自分の会社でもその質の低さを実感しています。
「この人は接客に向いていないのでは?なぜ接客の仕事を選んだのか?」と思う人が店頭で働いていたりします。
※これは自分が歳を取ってきたから感じることなのでしょうか? 「最近の若者はうんぬん、かんぬん」というような…

「接客業」に従事する人間は正規社員はもちろんアルバイトでも「接客」に対するプロ意識を持ち、売り上げの向上や自分の能力の研鑽に努めてほしいものですが、そのスキルマップが曖昧なためになかなか目標を持ちにくいのかもしれません。

全体的に接客のスキルが低下している世の中。
さらにコモディティ化が進み、機能や品質、価格が平準化しつつあり他社のサービスと差をつけることが難しい時代だと感じています。
ここで、このスキルを向上させて行けば、他社、他人と差別化を図ることができると思っています。


ぐっちgucci1212jp  at 22:02  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談 | 仕事 

健民ダイニング

子どもがまた鼻水が出始め、咳をし始めたので、今日は朝から会社を休んで病院へ。
たいしたことはなさそうで、薬をもらって保育園へ。
その後、嫁さんの用事を済ませてから元町にランチへ。

DSC_1057


健民ダイニング
あの「ケンミンの焼きビーフン」でお馴染みのケンミン食品の本社ビルの1階にあります。
※国道2号線沿いにあります。
ビーフンがメインの中華料理が楽しめます。
30名ほどのこじんまりしたお店です。
お客さんはいっぱいで人気があるのがうかがえます。

DSC_1054


平日のランチメニューは800円台ととてもリーゾナブル。
ボリュームもあり、ご飯も食べ放題でお腹いっぱいになります。
ピリ辛汁ビーフンはとてもおいしかった。
ビーフンをおかずにしてご飯を食べるというシャレみたいな食事ですが、それほど違和感はありません。

汁ビーフンを初めて食べましたが、普通の麺と違って時間がたっても麺が伸びることがなく、コリコリとした独特の歯ごたえが楽しめます。

DSC_1055


DSC_1059


DSC_1066


DSC_1065



ぐっちgucci1212jp  at 21:53  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 神戸のグルメ | お店 

家族みんな体調不良な1週間

この1週間は家族みんなが体調不良な状態でした。

まず子ども。
熱はないものの、ずっと咳と鼻水が続き、薬を飲んでいました。
先週の土曜日も保育園から帰った後、かかりつけの野瀬小児科へ。
最近は顔パスで診察券も保険証も出さなくてもよい感じです。
「熱が出たらインフルエンザかしれないので、12時間過ぎてからまた検査に来てください」ということで、また薬をもらって帰ります。

すると、翌日の朝起きたら、ついに熱が38.8℃に。
いつから熱が出たかわからないので、インフルエンザかどうか確認するために病院へいこうということに。
日曜日なので、HAT神戸の「神戸こども初期急病センター」へ。車で30分ぐらいです。
待合室はインフルエンザの子どもだらけ。
そこでインフルエンザの検査をしてもらいましたが、結果は陰性。
「喉が腫れてますね」ということで、薬をもらって帰ります。

翌朝(月曜日の朝)、再びインフルエンザの検査をしてもらおうと午前休して、朝いちで野瀬小児科へ。
ところが、またもや結果は陰性。
このまま3日間、高熱が続くようだったらまた来てくださいということで抗生剤と解熱剤をもらって帰ります。
その夜はさらに体温は上がり、39.8℃という過去最高の数値に。
でも、本人はそれほどしんどそうではなく元気なんですよね。

朝になってもこのまま熱が続くようだったらまた病院へ行こうかと思っていましたが、火曜日の朝は無事に平温に戻り、保育園へ。
これで一件落着かと思いきや、今度は嫁さんが発熱。夕方測ると38.3℃ということ。
夜も熱は続き「これはインフルエンザだなぁ」とほぼ確信し、嫁さんは水曜日の朝いちで病院へ。
そしたら、結果はまたもや陰性。
この夜も熱は続き、39℃を超えてしんどそうでした。

インフルエンザではないとしたら、またもや溶連菌感染かも、ということ。
翌朝(木曜日の朝)、歩くのも立つのもしんどいということで、診察のために車で病院まで送りました。
診察結果はインフルエンザでも溶連菌感染でもないということ。
原因不明のまま高熱が続きますが、昼過ぎに熱は下がり始めました。

金曜日は子どもは元気に保育園に、嫁さんは自宅で静養して体調は回復し、ようやく正常の生活に戻りました。

かく言う私は熱は出ていませんが、ずっと空咳が続き、市販の風邪薬を飲んでいました。
いろんな菌をもらいながら体の中で白血球が戦っている状況でしょうか。
今週は子どもを病院へ連れて行ったり、嫁さんを病院へ連れて行ったりと、少し仕事に穴を開けてしまいメンバーには迷惑をかけてしまいました。
この土日はゆっくり体を休めて、来週は体調万全で仕事に臨みたいです。

ぐっちgucci1212jp  at 20:08  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

賀正軒の赤賀正

嫁さんが高熱を出したので、午前休して車で子どもを保育園に送り、嫁さんを病院へ送り迎えしてから、職場に向かいました。
職場に到着する時間がちょうどお昼時になりそうだったので、途中で昼ご飯を食べていこうということで、御影の43号線沿いの「賀正軒」へ。

DSC_1036


今回は「赤賀正(930円)」にしました。
券売機のメニューには「辛さ」が売りとありましたが、まさに真っ赤っかなラーメンです。

確かに辛いのですが、ベースはしっかり豚骨のだしと旨みが効いており、美味しいです。
しかし、あまりに辛すぎて、旨みがじっくりと感じられないのが残念。
ご飯や水がないと食べ進めることができません。
今回はチャーシューめし(200円)を付けました。
これは普通です。

麺が茹で上がった時、厨房から「麺あがるよ〜、もういっちょあがるよ〜」という女性の掛け声がとても心地よい。
白賀正、赤賀正を食べましたが、黒賀正もあります。
黒賀正はなかなか美味しいらしいです。今度はそれを食べてみます。

DSC_1037


ぐっちgucci1212jp  at 21:17  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ラーメン  

らーめん専門店いっぽし

ラーメン激戦区の六甲道。
その一つである「らーめん専門店いっぽし」を訪れました。
阪神新在家駅が最寄り駅です。駅から北側に歩いて3分ほど。六甲道駅からも10分ほどで行けるでしょう。
カウンターのみ10席ほど小さなお店です。
若いさわやかなお兄さんが手際よくラーメンを作ってくれます。

DSC_1025


メニューはラーメンとつけ麺のみ。それにライスとチャーシュー丼があります。
炒飯や餃子はありません。まさにラーメン専門店。

ラーメン(700円)とチャーシュー丼(300円)を注文。
スープは濃厚な鶏白湯。ややとろみがあってしっかりとした味わいです。
これに細めのストレートのもちもち麺がよく絡みます。
個性的で人気があるのがわかります。
チャーシュー丼も美味しかった。

DSC_1027


最近、ラーメンに「鶏白湯」というジャンルが出てきましたね。
昨年訪れた三宮の「麺屋武一」もそうでした。
ただ、何度か食べてみて、自分はラーメンには鶏白湯はあまり好きではないと感じました。
人にはお勧めしますが、個人的には再訪問はなさそうです。

DSC_1028


ぐっちgucci1212jp  at 20:22  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ラーメン  

もっこすの工場が火事に!

今日は2月にしては珍しく全国的に快晴の休日。
本当は山に行きたかったのですが、子どもが少し体調が悪く、何かあれば保育園から呼び出しを受けて病院に連れて行かなければならないかもしれず非番のような状況です。
そんなわけで、朝から家の中にある使わないものをブックオフへ売りに行くことに。

・子どもの歩行補助車(テーブル付き)
・ティファールの湯沸かし器
・簡易浄水器
・ギター

全部で3000円ほどになりました。
ギターが2300円。他のものはほとんどタダみたいな料金で引き取られました。
まぁ、捨てるよりましか。

で、午前中にスマホを見ていてびっくりするニュースが。
今日の朝方、神戸の人気ラーメンチェーン店である「もっこす」の工場が火災にあったということです。
灘区の味泥にあるあのお店です。以前、工場店に魚介系ラーメンを食べに行きました。

「もっこす」はセントラルキッチンでここで麺やスープを作っているようで今後のもっこすラーメンがどうなるか気になるのですが、この日、兵庫店と高速長田店のお店の前を通るとどちらも臨時休業でした。
休業が長引くかもしれません…
もっこすファンのためにも早く復活してほしいところです。

ぐっちgucci1212jp  at 21:32  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ラーメン  

眼鏡を新調!

最近、眼鏡のフィット感が緩みはじめ、レンズにも傷が入り、視界が白く濁ってきていました。
早めに眼鏡を買い替えようと思っていて、今日やっと新調しました。
前回、眼鏡を買い替えたのは2012年8月、三宮センター街の眼鏡市場でした。
確か15,000円ぐらい。
眼鏡を4年半も使っていたんですね!
なかなか長持ちしました。

DSC_1030


実は2014年10月に火打山・妙高山の山行で高谷池ヒュッテに泊まった時に荷物棚に思いっきり顔をぶつけ、眼鏡の鼻当ての部分が大きくゆがみ、買い替えるつもりで眼鏡市場に持って行ったら無料で鼻当てを交換してくれたのでそのまま使い続けていました。

眼鏡市場の品質を信頼したので、今回も眼鏡市場へ。
19,000円ぐらいの眼鏡にPCのブルーライトを防ぐレンズオプションをつけて21,600円(税込)でした。
度数はほとんど変わっていないのですが、新しい眼鏡をかけて街を歩くと、視野がだいぶ明るくなります。
また、世界が少し歪んでいるように見える気がします。
もうちょっと様子を見て、これに慣れなければまた眼鏡屋さんに行ってきます。

お昼過ぎに眼鏡市場に行きましたが、なかなか盛況でした。
狭い店舗にスタッフも10人ぐらいいてみんな忙しそう。
眼鏡の原価率はいくらぐらいなんだろう?
ものすごい低いと思います。20%ぐらい?

三宮センター街の眼鏡市場の近くに「ALOOK(アルク)」という眼鏡屋さんがあります。
これも眼鏡市場と運営会社は同じです(メガネトップ)。
ALOOKのほうがかなり低価格です。
眼鏡市場がフォーマル・ビジネスでの利用を想定した眼鏡を販売することに対し、ALOOKはカジュアルファッション寄りです。
想定する顧客層によって屋号を変えて幅広い年齢層を取りに行く戦略ですね。





ぐっちgucci1212jp  at 20:19  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

香辛亭 土鍋牛すじ煮込みカレー

今日はGWの展示会で中之島のグランキューブ大阪の展示場へ。
朝10時にオープンとともに会場に入ると、さすがGW、すごい人です。
担当から商品の説明を聞き、一通りセレクトし終わったのが1時過ぎ。
途中ご飯を食べて深江に戻ろう、ということで西くんと阪神福島駅まで歩く途中で、カレー屋さんを見つけました。
「香辛亭 土鍋牛すじ煮込みカレー」
これは気になる!ということで、迷わずお店に入りました。

DSC_1016


メニューは「土鍋牛すじ煮込みカレー」のみ。
これにホウレンソウやチーズ、卵をトッピングできます。
私はトッピングなしの大盛りで。780円+100円(大盛り)です。

土鍋でグツグツ煮込まれた状態でカレーが運ばれてきます。
ルーに牛すじが入っていますが、ご飯にも柔らかい牛すじが載っています。
カレーはものすごく辛いです!
でも、それがおいしい。
辛さとスパイスがしっかり効いたカレーでした。
ただ、毎日は食べられないなぁ。
また展示会などで中之島に来る機会があれば寄ってみます。

DSC_1017



ぐっちgucci1212jp  at 21:17  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! お店  

ポカポカ陽気の高取山ハイキング

神戸の街なかでもし道に迷ったら…、まずは山を探しましょう!
ぜったいに山が目につくはずです。
そして、山がある方角が必ず「北」になります。
その山が「六甲山」です。

DSC_1258ed


神戸の市街地を東西に長く横切っています。
六甲山の最高峰は913mですが、六甲山という山頂があるわけではなく、摩耶山、菊水山、鍋蓋山、高取山などたくさんの山の総称として六甲山という呼称が使われています。

六甲山の大きな特徴は、山が街から非常に近いこと。
人が住むエリアが山に溶け込んでおり、住宅街の中に登山口が存在します。
登山口までの距離が近く、街を散歩する感覚で山に登るという住民がたくさんいます。
その流れで、神戸独特の「毎日登山」という文化が形成されました。

神戸に住む人にとって六甲山はまさに「裏山」。
私も神戸市長田区に住んでいますが、自宅から六甲山の一部である「高取山」の頂上が目に入ります。
「高取山」の標高は328m。
気張って早起きしたり、前の晩から登山の準備をしなくても、ふらっとザックに水とお菓子と防寒着を持って「散歩する感覚」で裏山ハイキングが楽しめます。

1月はしばらく寒い日が続いていましたが、最近は暖かさが戻ってきました。
今日は朝から快晴。
子どもと嫁さんを保育園と職場に送った後、ふらっと登りに行きました。

標高は328mですが、景色は抜群です。
大阪湾と神戸の街並みを一望。
神戸空港を離着陸する飛行機を眺めるのもとても楽しいです。

頂上まで普通に歩いて1時間弱。
たくさんの人とすれ違いましたが、皆さん普段着でまさに街を散歩する感覚です。
このゆったりした雰囲気を楽しむのも良いですね。

山行レポートはこちら


ぐっちgucci1212jp  at 21:46  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア