空を見上げて

王子動物園 真夏に動物園に行くべきではありません…

DSC_0169先週は水族館へ行ったので、今週は動物園へ行こうということで、王子動物園へ。
小学生のころ遠足で何度か来た記憶があります。
大学時代にもパンダが来園した時に、パンダを見よう!ということで先輩の江戸さんと一緒に行きました。
このときはパンダは2頭いましたが、数年前に1頭は死んでしまいました。

午前中の涼しいうちを狙って出発。
車で行くと30分ほどです。
9時半に着きましたが、すでに暑い。
多くの動物は暑さで動きが緩慢に。そして、日陰や小屋から出てきません。
はぁはぁ息をしていて、真夏は動物にとってかなり厳しい様子です。
真夏に動物園に行くべきではありませんね…

DSC_0228入園料が600円にしては、動物園はかなり広く、たくさんの動物がいます。
コアラは屋内にいて、木の枝の又に座ってのんびり寝ているところが可愛いです。
パンダやユキヒョウがいる動物園は珍しいかも。
「ふれあいコーナー」があって、うさぎとモルモットに触ることができます。

帰りは三宮のカフェ「グリーンハウスアクア」でランチ。
真夏の暑さの中を歩いて、かなりぐったりしてしまい、自分も娘も午後はかなり長く昼寝してました。



ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

八王子ラーメン びんびん

DSC_0375八王子ラーメン、というご当地ラーメンがあることを初めて知りました。
スープは醤油ラーメンで、きざんだ生玉ねぎが載っていることが特徴ということ。

高尾山でのイベントの最終日、想定よりも撤収作業が早く終わり、予約していた新幹線まで時間がかなりあったので、同僚と八王子ラーメンを食べて帰ることにしました。
調べてみると、JR八王子駅の近くに良さそうなお店がありそう。

「びんびん」

JR八王子の南口から歩いて5分ほどです。
ラーメン600円と瓶ビールとおつまみ3点盛りを注文。
まずはビールで乾杯。3日間の疲れを癒します。

スープは醤油がベースですが、豚、魚介の風味もあり、なかなか美味しいです。
きざまれた生玉ねぎがほのかに甘みを出しており、個性的な味です。
玉ねぎの歯ごたえもよいです。

あまり醤油ラーメンは好みではなかったのですが、また食べたくなる味でした。

この日、新横浜から新神戸への最終の新幹線(姫路行き)21:09発の指定席を取っていたのですが、ラーメンを食べてもまだ早かったので、1本前の新幹線(岡山行き)20:49発に変更しました。
帰省シーズンですが、それほど混雑はしていませんでした。

DSC_0376




ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ラーメン | 仕事 

水疱瘡治りました

8月3日に診断された娘の水疱瘡ですが、水疱もほとんどかさぶた状態となり、本日病院へ行くと保育園に行ってもOKということ。
ブツブツが全身に広がって大変な状態になることを想像していましたが、意外とブツブツの数は少なかったです。
高熱が出ることもなく、本人もしんどそうになることはありませんでした。
まだ小さかったから軽傷で済んだのでしょう。


ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

須磨水族館

2016080703娘が水疱瘡にかかってしまいましたが、本人はいたって元気で、ずっと家に閉じこもっていても飽きるだろうということで、気晴らしに須磨水族館に行ってきました。
家から車で15分ほどです。

規模としてはこじんまりした部類の水族館だと思います。
それでもイルカがいて1日に何度かイルカショーが開催されます。
夏休みということで子どもたちがいっぱいでかなり混雑していました。

2時間ほどでぐるっと見て回れます。
珍しい生き物としては、ラッコやチンアナゴがいます。

2016080706






ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

子どもが水疱瘡に

もうすぐ子どもが1歳の誕生日を迎えるので、忙しくなる前に平日にスタジオアリスで記念写真を撮っておこうと、今日は嫁さんも私もお休みを取っていました。
子どもは保育園に預けて、ゆっくり2人でランチして、午後迎えに行ってスタジオアリスに行く予定でしたが…

保育園から電話がかかってきて「発疹が体中に出てきていて、水疱瘡かもしれない」ということで、スタジオアリスをキャンセルして病院へ。
やはり水疱瘡でした。
先日、保育園でも水疱瘡の子どもが出たという話があったので、保育園で感染したのでしょう。

顔はきれいなのですが、首筋や背中、お尻に水膨れのような発疹が目立ってきています。
太ももや腕にもぽつぽつと。
これからさらに増えてくるのでしょう。

完治までは1週間〜2週間ということ。
嫁さんに仕事を休んでもらって看病してもらいます。
はしか、おたふくと並んで人生で一度はかからないといけない病気なので、しかたないですよね。

ぐっちgucci1212jp  at 22:18  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

走行距離50,000km

DSC_0321先日の剣山登山の帰り道で総走行距離50,000kmを超えました。
群馬県で新車で納車されたのが2012年12月。
4年を待たずに50,000kmを越えてしまいました。まだ車検は1回しか受けていません。
結婚してから2人で山に遠出する機会も多かったし、子どもが産まれてから遠出する機会は減ったものの、時々信州に遠征したりしているので。

エンジンはいたって快調です。
高速道路の走行ではアイサイトによる自動運転にかなり助けられています。
はやく完全自動運転の車が手軽に手に入る時代にならないかなぁ。

ぐっちgucci1212jp  at 22:02  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

中華そば よねだ<徳島ラーメン>

DSC_0316徳島ラーメン(とくしまラーメン)は、徳島県(東部)のご当地ラーメンである。地元では「中華そば」や「そば」と呼ばれている。
徳島市内にあるラーメン店「いのたに」が、1999年に新横浜ラーメン博物館に期間限定で出店して、以後全国的に徳島ラーメンが知られるようになった。
徳島ラーメンには大きく分けて「茶系」「黄系」「白系」の3系統がある。戦後まもなく白系が誕生し、後に黄系・茶系と登場したといわれている。
茶系は「黒系」とも呼ばれ、豚骨スープに濃口醤油やたまり醤油で味付けし中細麺を用い、トッピングには豚のバラ肉・ネギ・もやしなどを使い、生卵を乗せるのが特徴である。新横浜ラーメン博物館に出店した「いのたに」がこの茶系だったことから、全国的には単に「徳島ラーメン」と呼んだ場合、概ねこの茶系ラーメンを指す。
<Wikipediaより>

数年前に山の帰りに初めて徳島ラーメンを食べました。
この時の感想は「なんだこれは!すき焼きか?」
生卵が載っており、スープがものすごく甘く、こってりしたもので、かなりびっくりしました。

あまり自分の好みではなく、しばらく食べようと思っていなかったのですが、剣山の登山の帰りに徳島市内を通ることから久しぶりに食べてみることにしました。
帰り道の国道438号線沿いのお店を探すと「中華そば よねだ」がヒットしました。

メニューは中華そばと肉入りの2つ。それぞれ普通・大・特大があります。
肉入りの大を注文(800円)

生卵は載っておらず、具材ももやしとネギのみでシンプル。
スープはやはりこってりと甘いです。
ご飯が食べたくなるこってりさですが、脂っこさはありません。

しっかり運動して汗をかいた後にこの味の濃さはとてもおいしく感じます。
ただ、やはりラーメンらしさはなく、自分の好みではないです。

DSC_0318




ぐっちgucci1212jp  at 21:52  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ラーメン  

キレンゲショウマ咲く剣山(富士の池登山口から)

015四国の剣山にキレンゲショウマという珍しい花が咲いていると情報を聞き、見に行くことにしました。

「キレンゲショウマ(黄蓮華升麻))」
キレンゲショウマ(ユキノシタ科)は、深山に稀に生える多年草です。花が黄色で、レンゲショウマ(キンポウゲ科)に似た植物ということからこう呼ばれます。茎には毛がなく、高さ1メートルほどになり、葉は対生し長い柄があります。世界的な稀産植物です。
平成十一年、作家宮尾登美子氏の「天涯の花」で紹介され有名になりました。
<剣山の説明の看板より>

7月末〜8月上旬に開花し、剣山の刀掛から一ノ森に向かう登山口の行場のあたりに多く群生しているということです。

001剣山は一般的には見ノ越から登られることが多いです。
ただ、このルートはこれまで何度も登ったことがあり、標高差も400mほどしかなくハイキング程度に終わってしまうので飽きてきたところ。
ということで、今回は登るルートを変えました。
剣山の東側の富士の池登山口から一ノ森といっしょに登ることにします。
もちろん第一の目標はキレンゲショウマです。

016富士の池登山口までのアプローチがかなり大変です。
徳島市街から国道438号線で2時間はかかります。
途中の川井峠越えはかなり疲れます。
そして登山口に至る最後の狭路も落石が多く、気を使います。
6時までには着いて登り始めたかったのですが、到着は7時になってしました。

登り初めからキツイ登りが続きます。
朝から気温も高く、汗が吹き出します。眺望のない樹林帯を坦々と登ります。
特に大きな見どころはありません。秋になれば紅葉がきれいに見えそうです。
2時間ほど登ると、笹原の稜線に出て、一ノ森に到着します。
一ノ森から眺める剣山と次郎笈(じろうぎゅう)がとても美しい。

剣山へはすこし下って登って1時間ほどで到着。
剣山から眺める緑の笹原の稜線の景色はいつ見ても美しいです。

008剣山から20分ほど下ると刀掛。
ここから一ノ森へ向かう登山道があり、その道を10分ほど進んで、行場への分岐を下ったところにキレンゲショウマの群生地があります。
山の斜面に黄色の花が数えきれないぐらい咲いています。
深みのある黄色の花がうつむき加減に咲く姿は、高貴な感じがします。
蕾の姿も多かったので、まだまだ咲きそうな雰囲気です。

シコクフウロやタカネオトギリ、クガイソウなどの花が多く見られました。
ただ、花が多い分、蜂や羽虫も多いです。
幸い、今回はどこも刺されなかったのですが、虫除けをもってくればよかったと思いました。
山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 22:20  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

キャトルラパン (quatre lapin)のステーキランチ

DSC_0299今日は平日の休暇。
平日にしかできないことを、ということで、三宮の キャトルラパン (quatre lapin)へ。
12時オープンですが、いつもすごい行列なので11時までには列に並ぼうと、10時過ぎに家を出発。
10時45分ごろお店の前に着きましたが、すでに6人が並んでいました。
お店の前がちょうどビルの陰になっていて、日陰になっているのがありがたい。
その後もどんどん列に人が並び始めますが、今日はラッキーなことに11時過ぎにオープン!

がっつり360g、1300円(税込)のランチを注文。
赤身のお肉をしっかり味わえます。
かかっているソースがまた絶品。
この味の深みはどこから出てくるのだろう。
スープもまた美味しいのです。
大満足でお店を後にしました。

嫁さんは仕事なので、今日は家事・育児が自分の任務。

7:30 子どもを保育園に連れて行く。
8:15 部屋の掃除・窓枠をきれいにする
10:10 ランチへ。三宮を散策(Joshin、紀伊国屋など)
14:00 帰宅して休憩。ちょうどテレビで高校野球の兵庫県予選決勝をやっていた。
15:30 離乳食づくり・哺乳瓶煮沸
16:40 子どもを迎えに行く
17:30 子どもにミルク
18:00 子どもをお風呂に入れる
19:00 子どもに晩ご飯
19:45 子どもを寝かしつける
20:00 自分たちの晩ご飯を作り始める
21:30 嫁さんが帰宅
22:00 晩ご飯
23:00 お風呂、就寝

※この日、「ICI石井スポーツ旅行業法違反の疑い」の書類送検のニュースが流れました。
 テレビのニュースでも報道され、たいして大きな事件でもないので、取り上げられ方が派手なのが気になります。


ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 神戸のグルメ  

歩きスマホをしている人を見ると…

ポケモンGOをしている人に見える。

金曜日に日本でダウンロードが始まったポケモンGOですが、思った以上に流行っています。
歩きスマホをしている人が明らかに増えました。

職場でも4人ほどの人がやっています。
ちょっと見せてもらってどんなゲームかなんとなくわかってきました。

・街なかにポケモンのキャラクターがいる。
・そのキャラクターに自分が近づいてボールを投げて捕まえる
・キャラクターはたくさんいる。この土日で40匹ぐらい捕まえたと言っていた
・捕まえたキャラクターを進化させることができる
・「ジム」と呼ばれる場所の近くに行くと、他人が捕獲したキャラクターと戦うことができる

基本は無料であるが、例によって、アイテムを手に入れるためには課金が発生する。

今夜も家に向かって帰っていると、自宅近くの神社の境内でたむろする人が10人ぐらい。
おそらく、この神社にレアなキャラクターがいるのでしょう。

個人的にはこんなことに時間を費やすのは時間の無駄で、自立した成人が熱中することとは思えないけれど、おそらく1ヶ月もすれば多くの人が飽きるだろうなぁと思います。


ぐっちgucci1212jp  at 23:11  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 時事 | 情報技術