空を見上げて

<山行プラン>10,000円で神戸発 九州・由布岳登山日帰り弾丸ツアー

九州からミヤマキリシマの便りが聞かれ始めました。
昨年はフェリーを使って1泊2日でくじゅうのミヤマキリシマをたっぷり楽しみました。

そのときに由布岳もいいなぁと思ってプランを立てておいたのですが、改めて交通機関、時刻表を見直し、いつでも実行に移せるようにしておきます。

「10,000円で神戸発 九州・由布岳登山日帰り弾丸ツアー 」
※金曜日に出発する場合

■1日目(金曜日)
 19:35 神戸港発<フェリー さんふらわあ> 7:45 大分港着
 
■2日目(土曜日)
 7:45 大分港着 JR西大分駅へ徒歩約10分
 
 8:06 JR西大分駅発<電車> 8:15 JR別府駅着
 
 9:05 別府駅西口発<亀の井バス湯布院行き> 9:42 由布登山口着
 
  <由布岳登山 5時間ほど 下山後は湯布院で温泉>
  
 17:30 由布院駅前バスセンター<亀の井バス別府駅西口行き>18:20 別府駅西口着
 
 18:33 JR別府駅発<電車>JR西大分駅着 18:43
    大分港へ徒歩約10分
    
 19:55 大分港発<フェリー さんふらわあ> 7:45 神戸港着
 
■3日目(日曜日)
 7:45 神戸(六甲アイランド)港着

【料金】
さんふらわあ号 往復10,000円
電車(西大分⇔別府) 往復460円
バス(別府⇔湯布院) 往復1,800円
計 12,260円

ぐっちgucci1212jp  at 22:07  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

5月の台風

今日は珍しく5月の台風がやってきて、神戸は昼過ぎから夜にかけて大荒れの天気となりました。
夕方ごろがもっとも激しかった。

5月は天気は安定していて、晴れの日が多いという認識です。
雨の降る日は1日か2日ぐらいしかないのでは?と、思っていました。
なので、アウトドアのイベントを企画するにはとてもよいタイミング。

昨年、六甲山全山縦走のイベント企画の際、イベント中止の判断基準を検討するときにも、
「まさか、5月に台風は来ないだろう」
と、冗談っぽく言っていましたが、やっぱり5月にも台風は来るんですね。

今後のイベント企画の留意点としておきます。

ぐっちgucci1212jp  at 23:59  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

客層は店の雰囲気が作る

期限切れの鶏肉、商品の異物混入などで信頼を失い、業績低迷が伝えられるマクドナルド。
それに合わせて、スタッフの質の低下、店の雰囲気も悪くなっているとか、悪い噂がネットを中心に流れています。

かく言う私もマクドナルドには2年ぐらい行っていません。
特にこうした噂を気にしているからではなく、結婚して一人でご飯を食べる機会が減ると、なかなかこうしたファーストフードのお店に行くことはなくなるのですよね。

あまりに悪い風評が流れているので、ちょっと様子を見に行ってみようと、昨日、葛城山からの帰りに立ち寄りました。
結果としては…、まあ、いたって普通です。
ネットに流れていたような、椅子が破れておりそれがガムテープで補強されているとか、スタッフの笑顔がない、ということはありません。

注文したハンバーガーはダブルチーズバーガーセット。630円ほど。
まぁ、これも2年前から値段は変わっていません。
味もまずいというわけではありませんが、これが630円なら、モスに行ったほうがよいかなぁという感じ。
これは同じセットを500円程度で食べていた時代があったからそう思うのでしょうね。

むしろ、気になったのは客層。
やはり子供連れが多く、騒がしい。
また、パソコンを開いてイヤホンをせずに動画を見ているお兄さんがいたりして、なんか落ち着かない。

「客層は店の雰囲気が作る」

商品力、店舗、スタッフの雰囲気が直接影響したのではなく、それが巡り巡って客層が悪くなってしまったから、普通の客が離れたんじゃないかなぁと、ハンバーガーを食べながら思いました。

自分としては、しばらくはマクドには行かないだろうなぁと思いました。

ぐっちgucci1212jp  at 22:01  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 時事 | お店 

つつじ満開の大和葛城山(大阪府・奈良県)

DSC_0450関西の登山者に人気の葛城山(かつらぎさん)。
5月は山頂でつつじが咲き、すばらしい景色となります。
ロープウェイで山頂まで登ることができるので、登山者だけでなく、たくさんの観光客でにぎわいます。

ちょうど葛城山のつつじが満開になったという話を聞き、行くことにしました。
葛城山に登って、二上山までダイヤモンドトレールを北上して、電車とバスで戻ってくるプラン。

大混雑が予想されたので、早起きして朝6時前に葛城山ロープウェイ乗り場の駐車場に到着。
すでに30台くらい車が止まっています。
登りは「くじらの滝ルート」で。
展望のない樹林帯をたんたんと登っていきます。

DSC_0408まだ気温も低く、荷物も軽く、それほどきつい坂ではないのですが、汗が吹き出します。いつもと違う感じ。
1時間強でロープウェイ山頂駅との合流点まで登り切りました。

まずは山頂へ。
とても広々とした山頂で、気持ち良いです。
そして目当てのつつじ園へ。

期待通り、すばらしい景色でした。
丘のすべてが真っ赤です。
花びらが朝露に濡れてキラキラしてとてもきれいです。
驚くことに、これらのつつじは自生したもので、人間が植えたものではないということ。
つつじは生命力が強いのですね。

DSC_0434プランでは二上山まで歩く予定でしたが、足取りが重く、お腹も痛くなってきて「これはどうやら体調が悪いかも?」ということで、北尾根ルートでそのまま下ることにしました。
北尾根ルートは展望がよくて気持ち良いです。

9時40分ごろ登山口に到着。
ものすごい人でした。
ロープウェイ山頂駅へ向かう道も駐車場待ちの車で渋滞し、入庫までかなり時間がかかりそう。
やはり早起きして来てよかったです。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 20:03  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

今日は何の日?みどりの日

世間ではゴールデンウィーク真っただ中。
この会社に入社してからはあまり祝日とかは関係ないので、今日もお仕事していました。
まぁ、ゴールデンウィークに車で出かけても渋滞に巻き込まれるだけだし、人も多いので、電話も鳴らず、静かに仕事をしていたほうが好きです。

で、職場で「今日は何の祝日なの?」という話になりました。
私はてっきり、5月3日の憲法記念日と5月5日の子どもの日の祝日に挟まれた「国民の休日」かと思っていたのですが、今日は「みどりの日」なんですね。

もともと、4月29日が天皇誕生日で、昭和天皇が亡くなってからは、みどりの日であったことを記憶しています。
それが2007年にみどりの日が5月4日に移動し、4月29日が昭和の日となりました。
5月4日はもともと祝日に挟まれた国民の休日だったので、この祝日の移動で特に祝日が増えたわけではなかったようです。

そんなわけで、みどりの日は特に大きな意味をもつ祝日ではなく、あまり国民の記憶に残るものではないようです。
それほど意味を持たない祝日であれば、5月7日をみどりの日にしてくれれば、5月3日〜5月7日まで5連休が必ずできたのでしょうけれど、それはそれで日本の経済活動に影響を与えることが懸念されたのでしょうね。

職業柄、自分が休みではなくても、祝日が増えるのはうれしいです。

ぐっちgucci1212jp  at 20:08  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

お花がいっぱい赤坂山

DSC_0174福井県と滋賀県の県境に位置する赤坂山。
全長80kmにおよぶ高島トレイルにも含まれています。

数年前に、低山で景色も良くてハイキングに行くには適地だよ、と聞いていたのですが、これまで行く機会がありませんでした。
5月、気候も良く花がきれいだろうと期待して向かいました。
マキノ高原から赤坂山→寒風を周回するプランです。

DSC_0108神戸からは名神道京都東ICで降りて、湖西道路、湖北道路を使うと2時間強でマキノ高原に到着します。意外と近いです。
6時に到着すると、自分のほかに1台しか車は止まっていませんでした。

快適そうなオートキャンプ場を抜けて登山口へ向かいます。
登り初めはやや急な登りですが、ところどころ平坦道もあり、息を整えながら安定したペースで登ることができます。

武奈の小平を過ぎると、花が咲き誇ります。
イカリソウ、イワカガミが競演しています。
山頂付近はカタクリもたくさん咲いています。

DSC_00572時間ほどで赤坂山山頂に到着。
標高は823.8mと低山ではあるのですが、景色が素晴らしい!
福井県と滋賀県を分ける山脈のため、琵琶湖はもちろん日本海側もきれいに見えます。
山頂付近の鉄塔が景色の邪魔をしていますが、積雪期に登った時はこの鉄塔がよい目印になって現在地の把握がスムーズにできそうです。

赤坂山から寒風へは絶景の稜線歩き。
春の暖かい風を受けながら、花と絶景を楽しみながら1時間ぐらいのんびり歩けます。

寒風でマキノ高原の下りと、大谷山への高島トレイルの分岐。
ただ、ここは道標がはっきりしていないので、道迷いに注意です。

寒風からマキノ高原への下りも急なところはなく、新緑の光を浴びながら快適に歩けます。
最後はスキー場をゆったり下って、マキノ高原に戻ります。

全体を通して急な坂はなく、危険個所もなく確かにハイキングに最適な山かと。
ファミリーにもおすすめです。
ただ、夏はものすごい暑いそうです。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 09:29  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

若狭富士・青葉山

DSC_0267今週もダブルヘッダー登山。
午前中に赤坂山に登った後、60km離れた福井県高浜町に移動します。

目標のお山は若狭富士と称される青葉山。
特殊切手「日本の山岳シリーズ 第3集」に福井県代表の山として取り上げられていることからこの山を知りました。
切手の絵柄は和田浜海水浴場から若狭湾越しにそびえる青葉山。
その姿がとても美しかったので実際に見て、登ってみたくなりました。

青葉山は東側から眺めると確かに富士山のような形なのですが、実は双耳峰で東峰(693m)と西峰(692m)があります。
今回のルートは東峰を目指して中山口からの往復です。

DSC_0295麓から頂上まで一定して緩やかな登り坂です。
ほとんど景色がないので、ちょっと飽きてしまうかも。
途中、展望台があって、若狭湾の風景が美しい。

イワカガミやチゴユリなどが咲いていて、目を楽しませてくれます。
1時間半ほどで東峰に到着。
東峰山頂は展望はありません。
西峰までは片道40分ほどですが、今回は疲れたのでここまでにしておきます。
山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 21:52  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

中曽根総理のバーコード

自分が物覚えついたころに始めて見た日本の首相は中曽根総理だったと思います。
そのため、総理大臣といえば「中曽根総理」という刷り込みがあります。
子どもながら「I'm sorry, 中曽根ソーリー」なんておちょくっていた記憶があります。

やはり「バーコード」がインパクトがありました。

今日、久しぶりにテレビのニュースで中曽根総理を見ました。
5月3日の憲法記念日を前にして、憲法改正が議論されるなかで、その団体の一つの代表者として登場していました。
まだご健在だったんですね。
すでに80歳は過ぎているでしょうか。

そして、バーコードはそのままでした。
白髪になっていました。

ぐっちgucci1212jp  at 21:22  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談 | 時事 

然の膳(ぜんのぜん)-薬膳バイキング

神戸市北区のひよどり台の直売所『めぐみの郷』の隣に「旬彩ビュッフェ めぐみ」というバイキングレストランがあったのですが、2015年3月にお店が変わって、「然の膳(ぜんのぜん)」という薬膳料理のレストランになりました。

お店の雰囲気もがらっと変わって、暗くなり、中華の雰囲気になりました。
薬膳ビュッフェランチが平日1660円/土日祝1880円(税抜)とやや高価ですが、品数も多く、なかなかおいしいです。

鶏の唐揚げがさっぱりしていておいしかった〜

IMG_20150426_123257459


IMG_20150426_123306761

IMG_20150426_123324525

IMG_20150426_123330123

IMG_20150426_123335937

IMG_20150426_125738401

IMG_20150426_125744435

IMG_20150426_131133320

IMG_20150426_131520100


ぐっちgucci1212jp  at 19:17  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 神戸のグルメ | お店 

近江富士・三上山(みかみやま)

DSC_0967本日の山行はダブルヘッダーです。

山に向かうときに栗東ICを過ぎたあたりで、目の前にど〜んと形の良い山が現れます。
それが三上山。
独立していて、その形がきれいな円錐形であることから近江富士と呼ばれています。
標高は432m。往復で1時間半ほどで登ることができます。
ずっと登りたいと思っていましたが、なかなかその機会がありませんでした。

今日は鈴鹿の帰りにまだ時間と体力に余裕があったので、行ってきました。
麓に御上神社があり、三上山はそのご神体です。
御上神社の駐車場にはたくさんの車が止まっており、三上山の人気ぶりがうかがえます。

DSC_0004今回は表道を登って、裏道を下るルートで。
表道の登り初めは緩やかですが、山頂が近づくにつれ、岩場が出てきて、急登となります。
甘い気持ちで登りに行くと、苦労すると思います。
山頂は気に囲まれていて景色は見えませんが、山頂から少し下ったところは展望が開けており、琵琶湖方面の眺めがよいです。

裏道は表道よりは緩やかですが、完全な山道なので、しっかりした登山装備が必要です。

歩行時間が短く、標高も低く、景色も良いことからファミリーでも楽しめます。
子ども連れの登山者がとても多い山でした。
つつじの木がたくさんあったので、5月に入れば花で彩られると思います。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 23:10  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア