空を見上げて

胃腸炎

10月から家族みんな体調が悪い状態が続いていますが、今週はまた私が体調を崩しました。
11月24日(木)の午前中までは調子が良かったのですが、昼食を食べて、15時を過ぎたあたりに急にしんどくなってきました。
腹痛と吐き気を伴う倦怠感。

翌日の午前中までに提出しなければならない資料の仕上げをやっていたのですが、作業に集中できる状況ではなく、早退しました。
しかし、帰りの電車でさらに吐き気がきつくなり、途中の駅で下車してトイレで嘔吐。
酒を飲まない状況で嘔吐に至ったのは人生で初めてではないでしょうか。
夜は何も食べられずに眠りにつきましたが、腹痛と吐き気は収まらず、深夜に一回嘔吐。

翌日(11/25)、朝は少し体調は良くなりましたが下痢と吐き気が続く状況。
ただ、午前中にどうしても資料を作り終えなければならないので、何とか出社して午後休して病院へ。
細菌性かウィルス性の胃腸炎でしょう、ということで抗生物質の点滴をしてもらいました。
晩ご飯はゼリーしか食べられませんでしたが、夜はすっきり眠れました。

前日、半休したので、土曜日(11/26)は午前中のみ出勤。
かなり体は復調しました。
昼はおにぎりも食べられる状態に。
夜は白菜と豚肉を煮込んでミルフィーユ鍋を普通に食べられました。

今日(11/27)はかなり普通の体調に戻りました。
しばらくご飯をしっかり食べなかったせいで胃袋が小さくなったのが、たくさんは食べられませんが。
やっと全快したものと思われます。

なにが原因か?
症状が出た当日の昼間に食べたのはチキン南蛮。
当たりそうなものではありません。
前日はずっと家にいて、朝はおにぎり、昼間はうどんで、夜はカレー。
いずれも家族の誰かと一緒に食べたもので、子どもを含めて自分以外のだれも胃腸は大丈夫です。
その前日の夜に蓬田さんとちんどんで鳥刺し、海流で刺身や馬刺しを食べたのですが、これが原因か…
としたら蓬田さんに同じ症状が出ているはずですが、その気配はなさそう。
オフィスで同じ症状の人はいないので、電車の中で人から感染したのか?
以前のインフルエンザのときもそうでしたが、感染源がわからないのが一番困りますね。
今年の冬は外出時は常にマスクをしておこうかと思います。







ぐっちgucci1212jp  at 20:07  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

おにぎり専門店

阪神深江駅の海側のビルの1階にとても狭いテナントがある。
どれぐらい狭いかというと、奥行きは2mほど、幅は5mほど。約3坪というところでしょうか。
このテナントが2つ並んでいます。
店内にテーブルや椅子を並べることはできないため、カウンターにして店の外側にお客さんを座らせるか、テイクアウトのお店しかできない特殊な物件です。

DSC_0669


1年前に私がここを訪れたときラーメン屋がありました、が、すぐに閉店してしまい、このラーメンを食べることはできませんでした。
その後、2ヶ月ほどしてできたお店が立ち飲み屋。
続いて隣にクレープ屋もでき、ちょっと活気づいたわけです。

しかし、立ち飲み屋が賑わっている雰囲気はなく、クレープ屋も商売っ気がない感じでした。
阪神深江駅周辺に大きな会社はなく、高校も一つだけ。
住宅街であり、夜は「これから飲みに行くぜ!」というサラリーマンはおらず、大阪や神戸から自宅に向かう人しかいないと思います。
クレープ屋もときどき女子高生が買っていましたが…

そんなわけで、半年ほどで立ち飲み屋は閉店し、まもなくクレープ屋もシャッターを下ろしました。
「やっぱりここで商売は難しいなぁ」とみんなで話をしていたのですが、最近になってついにテナントに工事が入りました!!
何ができるんだろう?とワクワクしていましたが、なんと「おにぎり専門店」ができました。
本日2016年11月21日オープンです。

「秋田県産あきたこまち 手づくりおにぎり専門店 ONIGIRI ICHIGO」というお店です。
秋田県に本社を置く「株式会社RICEBALL」という会社が運営しているようです。
広い田んぼを持っている農業法人なのでしょうか。
米農家が米の販売だけでなく、米を主力とした飲食業に手を広げるというのは画期的な発想だと思います。
農業法人化して、ある程度の資本があるからこそできる冒険ではないでしょうか。

しかも、すでに東京の代官山にお店をオープンさせています。
ここ深江は2店目ということになります。

販売しているおにぎりは150円ぐらいが平均。
鮭や梅干し、明太子などがあります。
一番安いおにぎりは100円の塩むすびです。

せっかくなので塩むすびの海苔巻き120円を1つ買って食べてみました。
注文してから握ってくれます。
なかなか大きいです。コンビニのおにぎりの120%ぐらい。
おにぎりは温かくてふんわりしていて確かにおいしい。
これで120円ならコンビニのものを買うよりもよいかと思います。
2つ食べれば十分お腹がいっぱいになりそう。

このお店が駅の売店や、三宮のオフィス街にあればかなり繁盛すると思います。
しかし、深江という地でどこまで奮闘できるか?
特急は止まらず、駅の周りには家しかなく、昼間はほとんど人通りがない町です。
朝7時から営業し、夜も7時ぐらいまで営業しています。
1日に100個売れたとしても、売り上げは15,000円ほど。
これではほとんどバイトの人件費で食われてしまいそうです。

食材の原価はほとんど0みたいなものなので、家賃と光熱費、人件費をクリアできれば軌道に乗るのでしょうけれど。
ここの家賃は3万円/月ぐらいかなぁ。この狭さなのでもっと安いかも。
「いつまでお店が続くか?」が私たちの関心事となっています。

この条件でもうけることができるお店は何かなぁ。
鯛焼き屋やたこ焼き屋、アイスクリーム屋であれば、高校生や帰宅するサラリーマンがふらっと買っていきそうな気もします。





ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! お店  

くら寿司の牛丼

これまで回転寿司屋さんに行く機会というのは滅多になく、1年に1回も行くことはなかったのですが、今は週に1〜2回ペースで行っています。
というのも、職場の近くのご飯屋さんは餃子の王将かくら寿司かラーメン屋か定食屋(オリーブ・キッチン)ぐらいしかないため。

DSC_0646


回転寿司屋なので寿司しかないかと思いきや、くら寿司は寿司以外のメニューが充実しているんです。
うどんとか、天丼とか。
なので、こうしてランチのローテーションに入っています。

そのくら寿司から新しいメニューが登場!
牛丼です。値段は370円(税抜き)。
これがなかなかおいしいです。ボリューム、味を鑑みて、値段相応だと思います。
やや甘めのタレです。すき家ほど味は濃くありません。
魚介の風味をかすかに感じさせます。

これに130円のうどんをつけて、ちょうど500円(税抜き)。
コストパフォーマンスが良いですね。
野菜不足が気になる方は、これにブロッコリーサラダ(100円)をつけても良いかもしれません。

寿司屋のメニューに牛丼。
一昔前ならありえない、と思われたかもしれませんが、規定概念を自ら崩してリピータ客を掴むという努力が感じられます。

遥か昔:強い企業が生き残る

ちょっと昔:賢い企業が生き残る

今:変化する企業が生き残る






ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ビジネス語録 | お店 

福知山線廃線跡で紅葉の渓谷美を楽しむ(武田尾〜西宮名塩)

しばらく休日出勤が続いたので、この日は休日にしていました。
全国的に天気が良さそうなので、立山に雪を見に行こう!と前日の朝にアイゼン、ピッケルを出し、雪山装備の準備を終えていましたが、夕方になって子どもが熱を出したので中止しました。
朝、子どもの具合は良くなったので、何かあったらすぐにお迎えに行けるように、近場でいい山はないかと考えていると、福知山線廃線跡ハイキングが思い浮かびました。
ちょうど紅葉シーズンです。

DSC_0177


宝塚の少し北、JR福知山線の武田尾駅と生瀬駅の間に関西で人気の廃線跡のハイキングコースがあります。
旧国鉄時代に福知山線が武庫川溪谷に沿って線路が敷かれていましたが、1986年に生瀬駅〜武田尾駅間に新線が整備され、この区間が廃線となりました。
その後、この廃線跡が溪谷に沿った景観に優れたルートであったため、多くのハイカーに親しまれるハイキングコースとなりました。
しかし、実はこのルートはJR西日本の私有地であり川への転落やトンネルの崩落の危険性もあったため、廃線跡の侵入は公式に禁止されており、ここを歩くのはあくまで黙認されているという状態が長く続いていたというわけです。

DSC_0153


それが、今年変わりました。
トンネルの補強工事や手すりの整備、トイレの設置などを行い、正式にハイキングコースとして一般開放されたのです!
2016年春から工事が行われ、11月15日にオープンしました。
というわけで、紅葉の渓谷美を眺めに行ってきました。

DSC_0148


JR武田尾駅から西宮名塩駅までゆっくり歩いて2時間〜3時間ほどです。
コースは平坦です。
大きな危険個所はありませんが、枕木が残っているため躓いてこけないように。
また、トンネルがたくさんあります。
300mを越えるトンネルも複数あるため、懐中電灯かヘッドライトは必須装備です。
ファミリーでのハイキングにもおすすめです。
ただ、線路の片側は切れ落ちているので、子どもが走り回って落ちないように注意しておく必要があります。

DSC_0217


渓谷の紅葉は始まったところです。
まだあと1〜2週間は楽しめそうです。

紅葉が人気の武庫川溪谷廃線跡ハイキングですが、春の桜の時期もとてもきれいということです。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

ふさ鮨

今日はチームメンバーの一人が誕生日なので、ランチはみんなで東部市場の「ふさ鮨」でお祝い。
昨年、職場が引っ越してきて以来、1年ぶりです。

DSC_0636


そこそこ込んでいましたが、5人並んでカウンターに座れました。
並が上が1,600円です。去年よりもちょっと値上がりしましたね。
相変わらず分厚いネタです。
しじみ汁もとてもおいしいです。

みんな大満足でした。
自分が誕生日の時は特上を食べたい。

メンバーの女の子は今日で29歳になりました。
自分が29歳の時は何をしていたかなぁ。


ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 神戸のグルメ | お店 

溶連菌感染症

10月末ごろから一家そろって体調不良の状態が続いています。
最近は子どもは鼻水が出て夜寝るのがしんどそう。
嫁さんは1週間前は扁桃腺が腫れて熱が出て仕事をお休みしていましたが、薬を飲んで1週間しても熱が続くので今日病院で検査したら、「溶連菌感染症」ということでした。

溶連菌(溶血性レンサ球菌)が体に侵入し、さまざまな症状を引き起こすということ。
のどの痛みと高熱が主な症状のようです。
くしゃみや咳により人から人へ感染。
直接、死や重症に至る病気ではないものの、菌が血液や軟部組織に侵入すると、敗血症や多臓器不全など危険な症状になることがあるようです。

今年に入ってから突発性発疹、アデノウィルス感染、溶連菌感染など、初めてその名前を知る病気に接する機会が増えました。
いずれも保育園でもらってきたものであろうということ。
同じくらいの子どもを持つ同僚と話をしていると、「子どもが病気になると親も移って大変だ〜」という話題になります。
そして、子どもの機嫌が悪くなると、母親の機嫌も悪くなり、それに対応するのもストレスに…、と父親同士で慰めあっています。
これからはインフルエンザというすさまじく感染力の強い病気も待っているのでさらに注意が必要となりそうです。

一億総活躍社会で、子どもを0歳児から保育所に預けることができて、母親の労働力を発揮させようという今の日本の方針ですが、子どもが小さいころは頻繁に病気になり、親は看病のために仕事を休むことがかなり多いということを考慮しておかなければなりません。
父親と母親の両方が会社で責任ある役職に就いており頻繁に仕事を水をあけることができない状態だとかなり大変。
どちらかの親は、このような突発事象に対応できる立場で仕事を進めることができるよう、会社と調整を行っていかなければなりません。


ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 育児  

秋を探しに六甲山(芦屋川駅〜地獄谷〜風吹岩〜金鳥山〜岡本駅)

神戸の街の背後に東西に長く伸びる六甲山。
「日本アルプス」を命名したウィリアム・ゴーランド、ロバート・ウィリアム・アトキンソン、アーネスト・メイソン・サトウの三人の外国人パーティが、1874年に日本で初めて六甲山でピッケルとナーゲル靴を使った近代登山を行いました。

DSC_1246


また、1924年に藤木九三氏を筆頭とする関西のクライマーたちによってRCC(Rock Climbing Club)が設立され、六甲山において多くの岩場が開拓されます。
その代表的な岩場が「ロックガーデン」
ここでロッククライミングが行われたことから六甲山は「近代登山発祥の地」とも呼ばれています。
RCCのメンバーは岩にゲートロック、A懸垂岩、B懸垂岩など名前を付けてクライミングの技術を磨いたということです。
※孤高の人・加藤文太郎氏もRCCに所属していました。
兵庫県美方郡新温泉町の浜坂にある加藤文太郎記念図書館にはRCCの会員証が展示されています。

ロックガーデンは花崗岩が風化して作り出された奇岩がたくさんあり、大阪、神戸の眺めも素晴らしいことから、阪急芦屋川駅から高座の滝を経て、ロックガーデン中央尾根を通って風吹岩に向かうルートは六甲山で最も人気の登山コースです。

今回登った地獄谷コースは高座の滝から谷沿いに登っていき、A懸垂岩、B懸垂岩、万物相など岩のオブジェを楽しみながら、かつてクライミングで栄えた岩場の歴史を感じながら登山することができます。
しかし、地獄谷はルート不明瞭、マークも少なく迷いやすく、崩れやすい花崗岩の岩歩きが続き、スリップや滑落に注意しながら歩かなければなりません。
昭文社「山と高原地図」には破線ルートとして掲載されていますが、初心者、未経験者のみでは絶対に行かないでください。

DSC_1180


■ルート
高座の滝からちょっと登ると中央尾根と地獄谷への分岐があります。
地獄谷に入ってすぐ左手にゲートロックがそびえています。
沢沿いにいくつも滝を越えながら登っていきます。
夏はとても涼しそう。
濡れた岩や、足場の悪い滝を登る個所もあり、やや難しいです。
「小便滝」まで沢沿いに登り、そこからB懸尾根に取り付きます。

岩の隙間を縫うように登っていくと、A懸垂岩に登れます。
海も山もとても展望が良い。
そしてこれから向かうB懸尾根の奇岩が目を楽しませてくれます。

A懸垂岩からアップダウンを繰り返しながらB懸垂岩を経て、万物相に到着します。
この区間は垂直に登り下りする個所があったり、崩れやすい花崗岩の細い足を通過したりとやや危険です。

DSC_0009


万物相はまさに岩のオブジェ。
花崗岩でできた六甲山を象徴するものと言えるでしょう。
年々風化していくので、数年後はまったく違う形をしているかもしれません。
万物相だけを見るのであれば、中央尾根で風吹岩に向かい、そこから万物相へ下るほうがよいでしょう。風吹岩から10分ほどで行けます。

風吹岩はすごい人です!
六甲山は紅葉には少し早いですが、暑くなく寒くなく今がベストシーズンですね。
紅葉は2週間後ぐらいでしょうか。

DSC_0029


時間があればこのまま六甲山最高峰を経て有馬温泉に抜けたいところですが、この日は午後から用事があったので風吹岩から阪急岡本駅に下りてきました。

高座の滝から地獄谷ルートで風吹岩へ。
風吹岩までたった1時間強の沢登り+岩場歩きですが、とても密度の濃い山歩きが楽しめます。
アップダウンやスリリングな個所が多いので体力を使い、緊張が続いて喉が渇きます。
登山中級者以上で、少ない時間でしっかり山を楽しみたい方にお勧めです。

山行レポートはこちら


ぐっちgucci1212jp  at 23:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

トランプ・ショック

今年はアメリカの大統領選挙の年。
半年ぐらい前から日本でも話題になっていました。
過激な言動で騒がせているトランプ氏と、初の女性大統領を目指すクリントン氏。
クリントン氏が常にリードし、トランプ氏の女性問題が大きく報じられることでその差は広がり、大方の予想はクリントン勝利でしたが…、意外な結果となりました。

日本時間の11月9日の朝から開票結果が速報され、序盤はクリントン氏有利でしたが、昼前からトランプ氏有利の展開に。
夕方にはトランプ氏の勝利が確定しました。
アメリカ経済は行き詰まった状況であり、どうせこのまま今の政権が続いても何も変わらないのであれば、イチかバチかに賭けてみようという心理が働いたのでしょう。
日本でも2009年の民主党勝利による政権交代がこのような状況に近いのかも知れません。

日本の株価は昼前から大きく急落し、前日比5.36%の-919.84円。円も急伸しました。
「トランプ・ショック」と夜のニュースでは騒がれました。
トランプ氏の具体的な政策はまだ明確になっていない状況でありますが、11月10日の日経平均は大きく反発しました。
1092.88円プラスの17344.42円。円も105円台まで戻しました。
しばらくは不安定な状況が続きそうです。

今年は6月に行われたイギリスのEU離脱の国民選挙もありました。
これも意外な結果に終わったことは記憶に新しいです。

ポピュリズム(populism)「大衆主義、人民主義」の流れを大きく実感する一年でもありました。
民主主義が一番素晴らしい体制であるとは言い切れないことを常に意識しておく必要があると思います。

ぐっちgucci1212jp  at 20:58  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 時事 |  

初胃カメラ

11月は健康診断の月。
毎年、胃の検査はバリウムなのですが、今年は初めて胃カメラに挑戦です。
というのも、嫁さんから
「バリウム検査は意味がない!胃カメラにしなさい」
と言われていたので。
ということで、今年はいつもと違う大倉山の病院へ。

いろいろ検査をこなして、いよいよ胃カメラへ。
まず、喉の麻酔ということで、ドロっとした液体を飲みかけます。
これを飲まずに5分間喉にとどめておくのがかなりしんどいです。
ややのどにしびれを感じます。

そしてベッドへ。
左肩を下にして横になります。
マウスピースをくわえ、カメラが入ってきます。
カメラが想像したよりも大きいです。そしてチューブも太いです。
喉を通過するときがかなりしんどいです。どうしても咳き込んでしまいます。
カメラが食道を通り、胃の中に入ってくるのが実感できます。
喉は常に違和感がある状況。
しんどいです。
おそらく5分ほどの検査なのでしょうが、長く感じました。
ずっと看護婦さんに背中をさすってもらっていました。

検査が終わった後は写真を見ながら解説してくれます。
胃の中はピンク色できれいなものです。
表面に軽い炎症があったり、大きな襞があったりするものの、正常の範囲内であり、問題はないとの所見でした。
初めてにしては順調にできましたよ、と褒められました。

また来年しんどい思いをするのが嫌だなぁ。
ちなみに身長は181cm、体重は74kg。毎年2kgずつ体重が減っていきます。



ぐっちgucci1212jp  at 21:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

体調不良

先週の金曜日、仕事をしていたら、昼前から急にしんどくなり食欲がない状態に。
とりあえずヨーグルトを食べて安静にしていると、昼からどんどんしんどくなり膝の関節が痛くなってきました。
なんとか定時まで仕事を頑張って家に帰って熱を測ったら37.9℃。
暖かくしてすぐに眠りました。

翌日の土曜日は仕事でしたが、体調が万全ではないのでお休みしました。
一日おとなしくしていると熱は下がりましたが、今度はお腹の調子が急に悪い状態に。
日曜日はなんとか仕事に行きましたが、相変わらず食欲はなく、フルーツゼリーで凌ぎました。

お腹の調子が悪く、食欲がなく、だるい状態が5日ほど続きました。
子どもも同じように体調が悪そうでした。

ここ10年ぐらい大きな病気もせず、風邪をひくこともほとんどなかったのですが、今年に入ってインフルエンザにかかったり、風邪気味になることが増えています。
たぶん、子どもからいろいろな病気をもらっているんだろうなぁ。


ぐっちgucci1212jp  at 21:18  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談