空を見上げて

国宝・投入堂(なげいれどう)

DSC_0680投入堂(なげいれどう)の存在を知ったのは5年ほど前。
鳥取県の山奥に人間が作ったとは思えないすごい建築物があって、これを見るためには険しい山道を行く必要があり、毎年、死者も出ている、という情報を聞きました。
当時は関東に住んでいたので「そこまですごいところがあるんだったら、いつか行きたいなぁ」と思っていましたが、今回、大山に登りに行くにあたって、投入堂も計画に入れました。

投入堂が存在するお寺(神社?)は三徳山三佛寺。
山そのものが修験の場となっていて、投入堂はこの険しい山肌に作られています。
断崖絶壁の岩のくぼみにすっぽりと収まっており、お堂ごと投げ入れたんじゃないか、というのが名前の由来。

修験の場だけあって、そこに至るためには厳しい山道を往復1時間半ほど。
一人600円の入山料ですが、入山には規則があります。
・単独での入山は不可
・靴は溝の付いたゴム底
 ※ない人は草鞋に履き替える
これらを受付所でチェックされ、氏名と住所を書いて、入山時間を記入して登り、下山時に下山時間を記入します。

実際に登ってみると、この規則は確かに重要です。
完全な山道です。
垂直に近い登りや、鎖場、両端が切れ落ちた馬の背などがあり、かなり慎重に行く必要があります。
地面も滑りやすく、スニーカーでも厳しいかもしれません。

投入堂に至るまでの途中にも文殊堂、地蔵堂、観音堂など興味深い建物があります。
投入堂は評判以上に素晴らしかったです。
断崖絶壁の窪みにここまできれいにどうやって収まったのか。
足場を組もうにもその支点となるところもなさそうです。
山の下から櫓を組んで、清水寺の舞台みたいにして作業場を作ったのかとも想像してしまいます。

お近くに寄ったときはぜひ行ってみてください。
途中の山道も、普段山に登っている人であれば平気です。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 22:12  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

残雪の伯耆大山

DSC_0466まだ雪が見てみたい、ということで鳥取県の伯耆大山へ。
大山寺の登山口から雪が残っていました。

登りは夏道ルートで。
6合目避難小屋までは雪があったりなかったりの樹林帯の登り。
朝のうちは雪が固く締まっているので歩きやすいです。



DSC_05366合目に出ると樹林帯を抜け、視界が開けます。
頂上もしっかり見えます。
ここから8合目までは急な登り。
雪も緩んできたので、足が滑り歩きにくい。
アイゼンを付けるかどうか迷いましたが、アイゼンが効きそうにない雪質に加え、ところどころ雪が切れている個所もあるので、付けずに登りました。

8合目に出ると、雪がところどころ残る平地になります。
ここを木道の上を緩やかに登って山頂である弥山(みせん)へ。

下りは行者谷ルートで。
残雪期は雪の上をざっくざっくとスピードを上げて下れるので、ペースが上がります。
元谷からの大山北壁の眺めは、いつ見ても美しい。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 20:50  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

残雪が見たくて…天狗岳

DSC_0407今年は引っ越しや家の用事、大きな旅行などがあって、ほとんど雪山に行けず。
登山も近場の低山しか登れていなかったので、「何とか雪が残っているうちに残雪期の山へ」という思いが募っていました。

前日に天気予報を見て、長野県は晴れそう!ということで、急遽、日帰りで八ヶ岳の天狗岳に登ることに決めました。
天狗岳は思い出の山。
ちょうど、3年前の大震災の後、社会全体が自粛ムードで登山はやってはいけない雰囲気だったし、そもそもガソリンが品切れで遠出ができず、1ヶ月近く山にいけなくてストレスが溜まっていました。
まさに今と同じような状態。
そんなとき、4月上旬に思い切って天狗岳へ。
がんばって登って、曇っていた心が一気に晴れ上がったのを記憶しています。

DSC_0354今回は神戸からの日帰り。
夜の9時に出発して途中4時間ほど眠って、7時ごろ唐沢鉱泉に到着。
今の季節は朝から暖かい。
日差しが出ると体が熱くなりますが、地面の残雪の冷気が顔を冷やしてくれて、とても気持ち良い。
荷物も軽いので、楽々と東天狗岳に到着しました。
やや霞が出て、白く淀んでいましたが、雪解けが進んだ南八ヶ岳を見て、心もスッキリ。
十分満足したので、西天狗岳は登らずに下山しました。

やっぱり残雪を踏むざっくざっくという音が耳に心地よいね。
まだ、雪は残っています。
今シーズン、できる限り残雪の山に行きたいと思います。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 21:41  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

ネーブル/navel

IMG_20140407_213552909果物のなかではみかんが好き。
みかんの中ではたんかんが一番好きです。

今日は家に帰るとたんかんに似たみかんがありました!
でも、これはネーブルオレンジということ。
ポンカンとネーブルオレンジの子どもがたんかんなので、雰囲気が似ています。

皮をむくと、たんかんとそっくり。
でも、食べてみると酸味がやや強いです。
やっぱりたんかんのほうが甘みがあって、果汁が多くておいしいです。

ちょっとネーブルのことを調べてみました。
ネーブル/navelは英語で「おへそ」のことだったんですね!
端っこがおへそみたいだから、この名前が付いたようです。
そう思ってみると、かわいらしいです。

みかんを食べられる季節もあと少し。
じっくり味わいます。


ぐっちgucci1212jp  at 21:51  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

カキオコ

IMG_20140406_115452998先週の休みも天気が悪くしばらく山に行っていないので、山に行きたいなぁと思っていたところ。
今朝起きたら、雨は降っていなかったので、さくっと準備して、車に乗って前から気になっていた小野アルプスへ向かいましたが、山陽道の三木あたりで雨が激しくなってきました。
今日は一日中、天気が不安定なようなので、山はあきらめて、そのままドライブモードに。
山陽道をそのまま直進して、岡山県の日生(ひなせ)まで行ってきました。

日生と言えば、カキオコ!
カキの入ったお好み焼きのことですね。
数年前から気になっていましたが、日生まで行く機会はなかなかなく、食べたことはなかったです。

タマちゃん」というお店が評価が高そうなので、このお店に向かいました。
250号線を赤穂から県境を越えてすぐのところにあります。

IMG_20140406_114538826一番人気はカキが250g入った「カキオコの丞」。1300円
カキが10個ぐらいゴロゴロ入っています。
お好み焼きと言えばソースが命、というイメージなのですが、これはソースは半分だけ塗られており、残り半分は岩塩で食べるという少し変わったお好み焼き。

ソースで味が打ち消されないので、カキの磯の風味と塩味がとてもよいです。
しっかりカキを味わうことができました。
ご当地グルメは食べてみてがっかりすることが多いのですが、これはおいしいです。

ただ、1300円という価格はB級グルメにしてみたらちょっと高すぎるかなぁ。
作り方をじっくり観察しておいたので、今度、カキが大量に手に入ったら自宅でやってみたいと思います。


ぐっちgucci1212jp  at 21:34  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ご当地グルメ  

春を背負って

IMG_20140405_2150489896月公開の映画です。
嫁さんが応募した試写会の抽選が当たったので観に行ってきました。

山小屋を営んでいた父親が急逝し、都会で働いていた息子が周囲の人に支えられながら跡を継ぐ…という展開。
監督は「剱岳 点の記」の木村大作。

出演も松山ケンイチ、蒼井優、豊川悦司と豪華な山岳映画ですが、これは酷い作品でした。
山も谷もないストーリー展開。
盛り上がりがまったくありません。
淡々と話が進んでいきます。

そしてとってつけたような演技。
豊川悦司が偽物っぽい関西弁で丁寧に話すのが非常に気持ち悪い感じでした。

また、山岳映画といえば、やはり美しい山の景色を期待すると思うのですが、どのシーンも天気が悪く、遠くの山が霞んでいる…
予算がなくて、天気が良い日まで待つことができなかったのかなぁ。
別に山小屋が舞台じゃなくてもよかったんじゃないなぁと思います。

ちなみに出演者はみんなモンベルを着ています。
そして、辰野会長も出演しています。
このあたりがこの作品を安っぽくしていますね…
素人が映画に出演してはいけません。
人間、歳を取ると何とかして名前を残したい、と思ってしまうのでしょう。

どういう経緯でこの映画が制作されたのか気になります。
公開は6月14日。


ぐっちgucci1212jp  at 22:25  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 映画・ドラマ  

消費税増税のメモ

2014年4月1日。いよいよ明日から消費税が5%から8%に増税。
前回の消費税アップは1997年のこと。
実に17年ぶり。
これからも消費税アップは何度も繰り返されると思うので、今回のメモ。

まず、消費税アップが現実化しだしたのは、2012年の秋ごろ。
民主党の当時の野田総理が「消費税増税に政治生命を賭ける」と言ったまま、衆議院が解散。
その後、自民党が大勝し、安倍総理が消費税増税を引き継いだ感じです。

この一連の流れの中で、国民の反発はほとんどなし。
そもそも消費税増税に反対する大きな政党もなく、すんなりとこの日を迎えています。
全体的に国の借金も膨らんでいるし、高齢化が進んでいて将来は大変だ、という意識がメディアを通して国民に植えつけられていたような気がします。

増税の1ヶ月前はやはり駆け込み購入が急増。
特に電化製品、洗剤、トイレットペーパーなど。
登山用品だとテントやシュラフ、大型ザックなど。
家や車に関してですが、自分の身の周りでは駆け込みでこれらを買った人はいなかったです。

ただし、価格ドットコムを見てもわかるように家電は3月は価格は上昇。
おそらく店頭でも強気の価格で掲示されていたと思われるので、4月は一気に価格が下落し、「結局4月に買ったほうがお得だった」ということになりそう。

通販による受注が急増したと思われ、3月末は配送業者の配送遅延が相次ぐ。
3月は引っ越しも多くなるので、トラックの数が足らなくなったことも大きい。
これらを踏まえると、4月の増税は望ましくない。
また、中元、歳暮でも配送がよく滞るので、12月〜1月、7〜8月のタイミングも望ましくないと考えられる。

定期券は4月以降の分も3月中は5%の状態で買えるので、3月中に買っておいたほうがいい。これは確か。
でも、3月31日は定期券売り場がものすごい混雑する。
早めに買っておいたほうがよい。

■24時間営業の各サービスの消費税切り替えタイミング
・鉄道
 3月31日の終電までは5%
 4月1日の始発から8%

・コンビニ(ローソン、セブンイレブン)
 最初にレジを通した時間が3月31日であれば、途中で日が変わっても5%。

・外食
 いろいろな対応がある。
 0時前にいったん閉店して清算したり。
 朝までは5%だったり。

・タクシー
 タクシーの出庫時間によることが多い様子。

・ジュースの自販機
 4月1日0時から徐々に手動で変更を行っていく様子。
 作業する人は大変だなぁ。

・たばこの自販機
 4月1日の0時に一気に変わる。どんな仕組みになっているのかなぁ?

・ネット通販
 原則として、出荷する日による。
 受注が3月中であっても、出荷日が4月1日であれば8%が適用。
 ただし、業者によって対応はいろいろ。
 切り替えのために閉店する業者はほとんどない。

8%から10%への増税は2015年10月。
一つ言えることは、今後、15%、20%と引き上げていくのは明確なので、商品の「総額表示の義務付け」はやめたほうが良い。
増税のたびに、値札の貼り替えや2重価格表示が発生し、結局、事業者も消費者もどっちも苦しむことになる。


ぐっちgucci1212jp  at 22:09  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 時事  

地球温暖化対策税

今日テレビのニュースで、
「4月1日から消費税に加えて、地球温暖化対策税も増税され、ガソリンが値上がります」
というのを聞いてびっくり、
地球温暖化対策税ってなに?

--------------------------
低炭素社会の実現に向け、再生可能エネルギーの導入や省エネ対策をはじめとする地球温暖化対策(エネルギー起源CO2排出抑制対策)を強化するため、平成24年10月1日から「地球温暖化対策のための税」が段階的に施行。
具体的には、石油・天然ガス・石炭といったすべての化石燃料の利用に対し、環境負荷(CO2排出量)に応じて広く公平に負担を求めるものです。"

出典:環境省 地球温暖化対策のための税の導入
--------------------------

実は、2012年10月1日からひっそりとかかっていたんですね。
1リットルあたり0.25円です。
これが、2014年4月1日から1リットル当たり0.50円に増額されます。
そして、2016年4月1日からさらに0.26円上がり、0.76円となる予定です。

ガソリンはほんと、税金が面倒くさい。

まず、ガソリン税が1リットル当たり53.8円かかっています。
ガソリンの本体価格が100円とすると、
(本体価格 100円 + ガソリン税 53.8円)×消費税 0.05% + 地球温暖化対策税 0.25円=161.74円

これが、2014年4月1日からは
(本体価格 100円 + ガソリン税 53.8円)×消費税 0.08% + 地球温暖化対策税 0.50円=166.60円
となります。

ガソリン税に消費税がかかるという、税金の二重取りが一時期騒がれていましたが、これを改善する気配はなさそう。
4月以降はレギュラーガソリンで1リットルで5円ほど上がりそうです。

高速道路のETC割引も割引率が悪くなり、高速道路料金も消費税がかかって値上がりするので、遠出すると、これまで以上に出費がかさみそうです。




ぐっちgucci1212jp  at 22:27  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ガソリン価格  

じゃがりこ-アスパラベーコン

IMG_20140329_2037475583月も間もなく終わり。
暖かい日が続いていて、桜が咲き誇るのももうすぐの予感です。

そんななか、期間限定のじゃがりこを。
アスパラベーコン。

パッケージのアスパラベーコンの写真がとてもおいしそう!
食べてみると、確かにアスパラベーコンの味です。
ちょっと薄味です。
やっぱり本物のアスパラベーコンのほうがおいしいです。

■自分の中のじゃがりこベスト3(レギュラー商品は除く)
1.じゃがりこ-チーズカレー味
2.じゃがりこ-PIZZA
3.じゃがりこ-SPICY CHEESE

ぐっちgucci1212jp  at 21:04  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! じゃがりこ  

じわじわ伸びる南アルプス!?

DSC_0002山に関心がない方にはまったく興味のない話題だと思いますが…
今日のNHKの21時のニュースのトップでした。

国土地理院が日本の主な山岳標高を改定したというニュース。
測量技術が上がって、より正確な標高がわかり、標高が改定されることはよくありますが、一度に87座も山の標高が変更になるのはかなり異例ということです。
大きな話題はこれまで日本第4位の高峰だった南アルプス・間ノ岳の標高が3189mから1m高くなって3190mに。
北アルプスの奥穂高岳と並んで、3位タイになりました。

よくよく見ると、同じ南アルプスの光岳(てかりだけ)、赤石岳、荒川岳も今回それぞれ1m高くなっています。
そういえば日本第2位の北岳も、2004年に3192mから3193mに変更になったことを覚えています。

南アルプス全体がじわじわと隆起しているようです。
その速度は年間3〜4mm程度。
100年で30cm〜40cm。
1000年で3m〜4m。
10,000年で30m〜40m。
100,000年で300m〜400m。

いずれは日本の名だたる高峰はすべて南アルプスに存在するようになる時代が来そうですが、10万年も経てばどこかで噴火が起こって富士山みたいなものすごい高い山ができていそうです。

※写真は南アルプスの小仙丈ケ岳から眺めた富士山、北岳、間ノ岳。
 昨日までは日本1・2・4トリオでしたが、これが1・2・3トリオになりました。

ぐっちgucci1212jp  at 22:28  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア