空を見上げて

自家製太麺 ドカ盛 マッチョ(三ノ宮店)

IMG_20141207_134519438関東出身の職場の方から、「三宮に二郎に似たラーメン屋を見つけた!」と聞いたので行ってきました。
その名も「マッチョ」。いかにもすごそうな名前で期待させられます。
関西に複数のお店があり、二郎とは直接の関係はなく、いわゆる二郎インスパイア系のラーメン屋さんですね。

三宮駅を下りてすぐです。
カウンターのみ10席ほど。
小さな店内にガタイのよい男たちが所狭しと肩を並べてラーメンを食べています。

ラーメン中盛り700円。大盛りは800円。
「ちょいまし」、「全まし」、「全ましまし」は無料です。
どれくらいの量かわからなかったので、今回は中盛りの「全まし」で。
キャベツ、もやしがドカッとタワーのように山盛りで来ることを想像していたのですが、それほどでもなかったです。

醤油ベースのやや甘めのスープ。
麺はうどんのような極太ですが、粉っぽく、のどごしはよくありません。
お肉はしっかり味が付いていておいしい。
背脂はそれほど載っておらず、それほど油っぽくなく、さくさくと食べられました。
むしろ、野菜をいっぱい食べることができて健康的な感じ。

ものすごいものを想像していたので、ちょっと拍子抜けでした。
次は大盛りの「全ましまし」で行こうか。
いや、しばらくここには来ないだろうなぁ。

IMG_20141207_135743509


ぐっちgucci1212jp  at 21:54  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ラーメン  

うさぎ島(大久野島)は楽しい!

DSC_0691うさぎ好きにはたまらない島が広島県の瀬戸内海の沖合にあります。
それが大久野(おおくの)島。
周囲4kmほどの小さな島ですが、ここに700羽を超えるうさぎが住んでいます。
もともと、この島の小学校で飼われていたうさぎが放たれて、この数まで増えたようです。
島なので外敵もおらず、とても住みよい環境だったのでしょう。

広島県の忠海(ただのうみ)から船で10分ほどで島に到着。
船が港に着くと、すぐにうさぎがぴょこぴょこ出迎えてくれます。

どのうさぎもとても人なつっこくて、人が近づくとぴょこぴょこ寄ってきますが、エサをくれないとわかるとすぐに踵を返して立ち去っていきます。
手にエサを持っていると、思いっきり体を伸ばしておねだりします。

うさぎたちは基本的に触られるのは嫌なようです。
背中をももふもふすると、すぐに逃げます。
ゴロンと寝ている姿や、顔や耳をお手入れする姿がとても愛らしいです。

エサはキャベツやニンジン、ラビットフードなど。
キャベツをあげると、葉っぱをビリッとちぎって持って行ってしまい、もふもふさせてくれません。
ラビットフードなど小さなご飯を継続的に食べさせていると、食べている間はじっとしているので、なでなでできるでしょう。

うさぎ同士が追いかけっこしているのを見ているだけでも結構楽しめます。
うさぎは本当に跳ぶんです。かなり高く跳びます。

DSC_0583島には休暇村があって、1泊2食付きで12,000円ほど。
ご飯は朝晩ともバイキングで、瀬戸内の海の幸をたっぷり食べられます。
旅館のような豪華さはありませんが、温泉があり、部屋は広くきれいで、値段相応の宿泊施設だと思います。

うさぎがたくさんいるのは休暇村の前の広場ですが、島の一番高い山(標高100mほど)にもたくさん住んでいると聞きました。
景色もよいし、今度はここに行ってみたいです。

忠海まで関西方面からは、新幹線で三原まで行って、三原からは呉線で20分ほど。
ただ、三原に止まる新幹線は1時間に1本ほどで、呉線の電車も少ないので、しっかり時間を調べていったほうがよいです。
新神戸からは乗車券と新幹線で片道8,000円ほど。
最短で3時間ほどで島に到着できます。
1年に1回はここに行って癒されたいですね。

■うさぎさんがお出迎え
DSC_0507


■休暇村。港からバスも出ていますが、歩いても15分ほどです
DSC_0583


■やっぱりニンジンが好きみたい
DSC_0549


■体を伸ばしてご飯をおねだり
DSC_0660


■お花も食べます
DSC_0515


■みんなで仲良くブロッコリーを食べています
DSC_0680


■ぬいぐるみのうさぎをいじめています
DSC_0555


ぐっちgucci1212jp  at 21:49  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談  

紅葉の黒滝山(広島県)

DSC_0375以前、広島県の忠海(ただのうみ)を訪れたときに、駅から見えるカッコいい山が気になっていました。
それが黒滝山。
秋は紅葉がきれいです。

標高は270mと低山ながら、海から一気にそそり立っているので、山の上からは瀬戸内海の美しい島々が一望できます。
登山道もしっかり整備されていて、危険個所はないので、ファミリー登山にも最適です。

DSC_0397黒滝山は歴史が古く、西暦730年ごろ行基が開いたと伝えられています。
山のあちこちに石像や磨崖仏があり、楽しみながら登ることができます。

黒滝山の北に白滝山という山もあり、こちらも美しい姿のお山です。
黒滝山から1時間ほどで登ることができるので、合わせて登る人も多いです。

DSC_0691忠海の沖合に大久野島(おおくのじま)という島があり、この島にはうさぎがたくさん住んでいます。
船で10分ほどで渡れるので、下山してからはうさぎと遊ぶこともできます。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 20:36  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

鈴鹿セブンマウンテン完登!雨乞岳(武平峠から)

DSC_023111月の後半の3連休。
どこも山も道路も混雑しそうなので、まだ登っておらず、人の少なそうな山、ということで、鈴鹿の雨乞岳にしました。

雨乞岳。標高1238mで鈴鹿山脈第2位の高峰です。
その名の通り、古くから雨乞の信仰のお山だったようです。
雨乞岳への登山口はたくさんありますが、一般的なのは武平峠からのルートでしょう。

登山口である武平峠の標高は約800m。雨乞岳の頂上は1238mなので標高差は400mほど。
しかし、標高差だけを見れば大したことはなく1時間ほどで登れそうなのですが、標準コースタイムは登りが3時間と不思議な感じです。

実際のところ、登り始めからしばらくは緩やかなアップダウンを繰り返しながらの樹林帯の水平移動となります。
斜面のトラバースがたくさんありますが、崩落しているところも多いので気をつけて。

DSC_0257クラ沢出合からは沢沿いの登りとなります。
紅葉は過ぎてしまっていましたが、落ち葉が登山道や水面を彩り、とても美しい。
ただ、沢沿いなので大雨や台風の後は注意。
また、冬は凍結も危なそうです。

七人山のコルにでるとようやく景色が開けます。
そして、ここからが山頂に向けて本格的な登りとなります。
クマザサの登り坂を登り切るとまずは東雨乞岳。
頂上は広く、視界が開けているのですが、残念ながらガスってしまい、眺望はなし。

東雨乞岳から西に少し行くと雨乞岳。
ここもクマザサの気持ち良い道が続くのですが、今日はガスっていてあまり楽しめず。
また天気が良い日にリベンジしたいと思います。

そして、この雨乞岳で鈴鹿セブンマウンテンを完登しました!
2年前に関西に引っ越してきてから鈴鹿の山がとても好きになりました。
冬は雪もしっかり積もるし、それぞれ個性あふれていて楽しめます。
※夏はヒルが出ますが…
これからもどんどん登っていきたいです。

・竜ヶ岳(2012/4/7) クマザサに覆われた形の良い山頂


・御在所岳(2012/10/29) 奇岩が目を楽しませてくれます



・藤原岳(2013/1/27) 広々とした開放的な山頂


・鎌ヶ岳(2013/11/2) 山頂直下の急登が男性的


・釈迦ヶ岳(2013/12/8) 野趣あふれる沢沿いルートが楽しい


・入道ヶ岳(2014/3/9) 伊勢湾の眺めがとても美しい


・雨乞岳(2014/11/23)

その他、苔の庭園が広がる御池岳や福寿草やカタクリが咲き誇る鈴ヶ岳など魅力的な山が盛りだくさんです。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 22:16  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

11月は六甲山のベストシーズン!まったり摩耶山

DSC_0171今日はまったり六甲山・摩耶山へ。
11月は六甲山ハイキングのベストシーズンではないかと思われます。
春は花粉や毛虫、夏〜秋は暑さ、12月以降の冬は寒さや雪・凍結があるということで、11月〜12月上旬が暑くもなく寒くもなく紅葉も楽しめる時期です。

新神戸から摩耶山・掬星台に登り、上野道で下りるルート。
新神戸から市ヶ原はたくさんの登山者で溢れていました。
低いところでは紅葉はまだです。
山の上ではところどころ赤く紅葉した木もあって楽しめます。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 18:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

朝注文して、夜商品が届く時代

IMG_20141027_230642491ジオラマ作りをやっていると、細かなパーツが欲しくなってくることが多いです。
特に農村風景に欠かせないのが「白の軽トラック」
あちこちのおもちゃ屋さんに行って、Nゲージサイズ(1/150)の軽トラックを探すものの、なかなか見つからない…
こんなとき頼りになるのがインターネット通販です。

35年以上生きてきて、大きく進化したなぁと感じるのが、コンピューターと携帯電話。
かつては自分もその業界でやってきて日々その進歩を体で感じていました。

そして、もう一つ大きな進歩を感じるのが物流。
今日出した荷物が翌日届くのは当たり前。
その日のうちに届くサービスもあります。
インターネット・スマートフォンの普及と物流の進化によりネット通販市場が急激に伸びてきているのもうなずけます。

10年前ぐらいは、ネット通販でも注文してから1週間以内に届けばいいかなぁ、というのが常識だったのですが、最近は3日以内ぐらいに届くのが常識になってきているのでは。
そして、一部のネットショップでは即日荷物が届くサービスが始まっています。

Amazonが数年前から首都圏と関西圏でこのサービスを始め、「すごい時代になったものだ」と感動していましたが、最近よく利用するのが「ヨドバシ・ドット・コム」。
http://www.yodobashi.com/index.html
なんと、購入金額にかかわらず、「送料無料」で「最短即日配達」、しかも「ポイント10%還元」というサービスで家電やおもちゃ、文房具などを購入できます。
80円の小さな部品でも、朝注文すれば、送料無料で夜到着します。
これだけみれば、ショップは大赤字だと思うのですが、トータルでは採算が取れているのでしょうね。

今日の軽トラックも、朝の7時半に注文したら、夜の9時ごろに届きました。

自分がよく使う便利な通販サイトのサービスをまとめてみました。

■ヨドバシ・ドット・コム
・購入するもの:家電、カメラ、コンピュータ周辺機器、おもちゃ
・送料:日本全国送料無料
・配送:関東甲信越、関西、東海の一部、北海道の一部、福岡県には当日配送可能
 ※午前9時までに注文すると当日届く
・ポイント:あり

■Amazon.com
・購入するもの:書籍、DVD
・送料:プライム会員であれば無料
 ※Amazonプライム年会費 3,900 円
・配送:関東地方・関西地方では午前中に注文すればその日に届く
・ポイント:なし

■ZOZOTOWN
・購入するもの:服、バッグ
・送料:商品の合計代金が3,000円(税込)以上の場合は無料
    2,999円以下の場合は350円
 ※2014年9月30日までは金額にかかわらず送料無料だった
・配送:首都圏は即日配送可能
 ※午前9時までに注文すると当日届く
・ポイント:あり

今後、ネット通販は「送料無料」「即日配達」が常識になってしまうのでしょうか。



ぐっちgucci1212jp  at 23:45  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 時事  

ジオラマ作り進捗状況(75%)

IMG_20141026_22162676今日は朝から夏のような日差しで良い天気だったのですが、午後から労組の行事で出かけないといけないので、お山はお休み。
こんな時はやっぱりジオラマ作り。

いよいよパウダーを撒き始めました。
自分の作ったものに色が付くのは楽しいね〜
これはクセになりそうです。

草地の表現にはパウダーだけでなく、立体感を付けたいところです。

ぐっちgucci1212jp  at 22:26  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ジオラマ作り  

紅葉の大台ヶ原ハイキング

DSC_1245この土日も全国的に晴れという天気予報。
日帰りで行ける関西の紅葉登山にはどこがいいかなぁということで、地図を広げて、鈴鹿の御在所岳〜鎌ヶ岳、曽爾高原、赤坂山などいろいろ検討して、まだ訪れたことがなかった大台ヶ原にしました。

「大台ヶ原」
深田久弥氏の日本百名山には「大台ヶ原山」として登場します。
最高点は日出ヶ岳(ひでがたけ:1695m)。

昔は樹木が茂る深い森でしたが、昭和34年の伊勢湾台風で多くの木がなぎ倒され、森が一変。
斜面が緑の笹に覆われ、そこに台風で倒された巨木や立ち枯れした白骨木が立ち並ぶ特異な風景を見せてくれます。

お目当ての紅葉は、山の上はすでに枯れていましたが山の中腹あたりがきれいでした。
正木ヶ原と正木峠の間の斜面に立ち枯れしたトウヒの木が多く見られます。

DSC_1119大蛇(だいじゃぐら)からの景色は話に聞いていた通り、素晴らしいです。
目の前には大峰山脈がすべて眺められます。
いつか大峯奥駈道を全部歩いてみたい。

大台ヶ原は大きなアップダウンもなく、4時間ほどで歩け、景色も楽しめ、人気の山である理由がわかりました。
グループやファミリーでのハイキングにおすすめです。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 20:47  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

四国・剣山〜三嶺(みうね)縦走!

DSC_09852年前に初めて四国の剣山に登ったとき、剣山から西へ伸びる美しい緑の笹の稜線を見て「いつか三嶺まで縦走したい」と思っていました。
「三嶺(みうね)」
山の名前とは思えない不思議な山名です。
語源は「3つの畝が連なっているように見えるから」ということです。

剣山から三嶺まで稜線がつながっていますが、それがL字になっており、剣山から西へ向かうと、三嶺の山頂とこれから歩く道をずっと眺めながら歩くことができます。
大きなアップダウンはないのですが、距離が長く1日で踏破するのは走らないと困難です。

■今回の行程------------------------
【1日目】
見ノ越〜剣山〜丸石〜高ノ瀬〜カヤハゲ〜三嶺
※三嶺ヒュッテ(避難小屋)泊まり

【2日目】
三嶺〜名頃
※名頃から見ノ越までバスで戻る
---------------------------------------

DSC_0800剣山〜三嶺縦走。
これだけ絶景を眺め続けながら長距離を縦走できるルートは他にはないのではないでしょうか。
三嶺から西にもまだまだ快適な道が続いています。
今度はそこも歩いてみたい。
冬の雪が積もった三嶺も美しそうです。

山行レポートはこちら

ぐっちgucci1212jp  at 22:39  | コメント(2)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

ジオラマ作り進捗状況(70%)

DSC_0590今週は仕事から帰ってきてからジオラマ作りに精を出しています。

■火曜日:地面の下地塗り
「下地塗りにはジェッソがよい」ということを聞いたのですが、ジェッソってなに?
ということで、画材屋さんへ行ってきました。
「ジェッソ(GESSO)」
アクリル絵の具用の下地剤ですね。
絵を描く人には一般的な画材のようです。
300mlで900円ぐらい。
かなり大量に入っているので、お得な感じです。

IMG_20141014_222453933



DSC_0588■水曜日:川づくり
今回もっとも難しいのが川の表現。
これは大小さまざまな石や砂を使って実現するのが良いだろうということで、かなり時間をかけてやりました。
最初に細かな砂を撒いてベースとして、両岸に中くらいの石を撒いて川原として、端に大きな石をおいて川っぽくしてみました。
また、川の真ん中に大きめの石を置いてみたりして。
立体感が出て本物の川のようになりました。
これにモデリングウォーターという水を表現する薬剤で水面を表現すれば川の完成です。

DSC_0596■木曜日:建築物のウェザリング
ウェザリングとは「汚し」のことです。
建物は水垢やサビが入っていたほうが自然に見えますもんね。
家や物置、石垣、ガーター橋を「スミ入れ塗料」を使って汚していきました。
あと、線路を茶色に着色したり。
細筆を使ったかなり細かな作業でした。


これで70%ぐらい完成したかなぁ。
これからさらに細かな作業に入ります。
パウダーや砂で畑や道を表現したり、線路にバラストを撒いたり、家の周りを作ったり、木を植えたり池を作ったり。
楽しみです。


ぐっちgucci1212jp  at 23:14  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ジオラマ作り