空を見上げて

職場のメンバーとキャンプへ

かねてより職場のメンバーでキャンプに行きたいね!と盛り上がり、実行に移しました。
梅雨の来る前の5月はアウトドアに最適な季節です。
キャンプ場は篠山市の「ハイマート佐仲
神戸からは1時間半ほどで行けます。
フリーサイトなので車で乗り入れられ、荷物を運ばなくて良いので快適です。
電源はありませんが、お風呂があります。
キャンプ1泊で車が2000円+大人一人が1000円です。

DSC_1528


当初は我が家もテントで泊まる予定でしたが、まだ5月の夜は寒そうで、小さい子供と妊婦がいることもあり、デイキャンプとしました。
西くん以外はキャンプ道具を持っていないので、みんなに泊まってもらおうと久しぶりにスノーピークのアメニティドームを持って行きました。
そしたら、なんとペグがない!
う〜ん、片づけをするときにどこかにやってしまったかなぁ。また探しておこう。

女性が多いバーベキューなので、盛り付けがとてもオシャレです。
お肉もお酒もおいしく感じられます。

5月にしては暑い一日でしたが、風が心地よく、タープで日陰を作るととても過ごしやすいです。
なっちゃんも芝生の上で裸足で走り回って楽しそうでした。
みんなに抱っこしてもらえてご満悦。
あっという間に時間が過ぎていきました。

キャンプも子どもが3〜4歳ぐらいになれば、もっと楽しめそうです。
そのころにはもっといろいろ道具を揃えたいと思います。

DSC_1531


DSC_1543


DSC_1541




ぐっちgucci1212jp  at 21:55  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

麺処こなこね

六甲山のハイキングの後、ランチにラーメンを食べようと六甲道へ。
最近、新たにオープンしたごはん+唐揚げ食べ放題の台湾まぜそばのお店「麺屋まっこう」に行こうとしましたが、残念ながら突然のお休み。

ということで、駅の近くのラーメン屋へ。
ラーメン屋激戦区の六甲道なので、いくらでもラーメン屋があります。

「麺屋こなこね」

DSC_1520


ここ数年、神戸でも鶏白湯スープのラーメンが増えてきました。
六甲道では「いっぽし」があります。
実はあまりこってりした鶏白湯スープは苦手なので、入店した瞬間「失敗した」と思いました。

普通の鶏白湯ラーメンを注文。
意外とさっぱりしたスープでとてもおいしい。
麺ももちもちしていてスープと合っています。
山椒をかけて食べるとより深みが増します。
スープを最後まで飲み干しました。

からあげ丼も注文。柔らかくておいしかったです。

DSC_1521




ぐっちgucci1212jp  at 21:34  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ラーメン  

クリンソウが見頃!六甲高山植物園へハイキング

通勤で乗っている阪神電車の吊り広告で5月中旬は六甲高山植物園でクリンソウが見頃ということを知り、ハイキングに行ってきました。
六甲ケーブル下駅から油コブシを経て六甲高山植物園に向かうプラン。

01


この日はまさに5月!という感じの青空。
暑すぎず、風も心地よく、ハイキングに最適なお天気。
六甲山は新緑に覆われ、木漏れ日を浴びながら気持ち良く歩けます。
登山道ではツツジの花の赤色が新緑の中でアクセントを付けています。

六甲高山植物園までは2時間ほど。
たった2時間ですが、久しぶりに山を歩いたので、少し足が疲れました。

08


初めて六甲高山植物園を訪れましたが、なかなか楽しいです。
アルプスや八ヶ岳などの標高2000mを超えないと見ることができないような高山植物を六甲山で見ることができます。
チングルマ、ハクサンチドリ、ミヤマオダマキ、アツモリソウ、クロユリなど
コマクサも咲いています。
一足先に夏山のお花を堪能できました。

11


そして、園内の湿地ではクリンソウの群生がとてもきれいでした。
まるでピンクの絨毯のようで、見とれてしまいます。

6月には水芭蕉やニッコウキスゲ、7月には天涯の花「キレンゲショウマ」も咲くようです。
午後から家事をしないといけないので、バスとケーブルを使って下山。
六甲山はこうして半日だけのハイキングも楽しめるので時間が有効に使えてよいです。

山行レポートはこちら


ぐっちgucci1212jp  at 21:18  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! アウトドア  

10年ぶりぐらいにふぐを食べた

ランチによく行くくら寿司で「ふぐフェア」なるものが開催されていました!
ふぐなんて10年ぐらい食べていないなぁということで行ってみました。

IMG_20170515_123604_478


ふぐ三種盛り(ふぐ、焼きふぐ、ふぐ皮湯引き)とふぐの唐揚げなど。
さすがに100円はなく、200円以上です。
なんとてっさもありました。これは380円。

で、10年ぶりのふぐの味ですが…、う〜ん、こんな普通の味だったかなぁ。
ふぐの身もふぐ皮もあまり歯ごたえを感じさせません。
特にふぐの唐揚げはもっと身がもちもちしていた気がするのですが、くら寿司のものは身が薄く、骨もあります。

結論としては、これはおいしくないです。
やはり回転寿司で品質を保ってふぐを提供するのは難しいのでしょう。

ぐっちgucci1212jp  at 22:07  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! お店  

六甲山へ行ったり来たり

毎年、この時期はイベントで六甲山へ。
六甲山ツーデーウォークというイベントがあり、5年連続ぐらいで仕事として参加しています。
いつも5月の第3土日なのですが、今年は神戸まつりがそこに来たので、第2土日での開催となりました。

DSC_1496


あいにく、土曜日は雨。しかも朝のうちはかなりの大雨でした。
5月にこれだけ雨が降るのは珍しいですね。
5月は雨が降らない、という意識があって、イベントでは雨対策が後回しになってしまうのが現実です。

午後から雨は上がったのですが、今度は霧。20m先も見えないような深い霧でした。
この状況でもお客さんが500人ぐらい来たのだからすごい。

今年の自分は仕事はトークショーのゲストの送迎。
三宮と六甲山の山の上を何度も往復しました。
2日間で5回ぐらい往復したんじゃないかなぁ。
六甲ドライブウェイの道にかなり慣れました。

このイベントで人生で初めてゆるきゃらの着ぐるみを着ました。
思った以上に視界がないです。下から覗かれます。
そして、子どもたちからバンバン叩かれ、ものすごくうるさいです。
なかなか良い経験でした。

ぐっちgucci1212jp  at 22:21  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 仕事  

夜泣きが再発

夜泣きの時期が終わり、しばらく夜は朝までぐっすり眠っていたなっちゃんですが、最近、1歳8ヶ月にしてまた夜泣きが始まりました。
しかも、以前はミルクを飲めばそのまま再び眠りに落ちていたのですが、今回はミルクも飲まずギャン泣き。
夜泣きが始まる時間はだいたい決まっていて1時〜2時ごろ。
ひどいときは1時間ぐらい泣き続けています。
でも、朝はすっきりと6時半ぐらいに起きます。
それがほぼ毎日のように続いています。

対応としては、2階で寝ていたのを1階に連れて行って布団を敷いて寝かしたり、ひたすら抱っこしてあやしたり、昨夜は家の外に出て涼しい風を当たらせたりしました。

始まりは4月22日の夜からかなぁ。
山に行こうとしていた前夜に急に大泣きして心配しました。
このときは体調が悪かったのかもしれませんが、それが2週間も続くとなると何か原因があるのかもしれません。

夜驚症(やきょうしょう)という睡眠障害もあるみたいですが、これとは少し違うような気がします。
叫んだり、パニックを起こしているわけではなく、ただ、泣いているだけなので。

ぐっちgucci1212jp  at 21:25  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 育児  

NHKで「ゴールデンウィーク」という言葉を使わない理由

今日、テレビを見ていて初めて知りました。
NHKでは「ゴールデンウィーク」という言葉を使わないことを。

Wikipediaより
-------------------------------------
「ゴールデンウィーク」の名称は、映画界でこの時期に多数の動員を生み出すことや活性化を目的として当時の大映常務取締役であった松山英夫によって作成された宣伝用語ということです。
1951年に作成され、1952年(昭和27年) 〜 1953年(昭和28年)頃から一般にも使用されるようになり、他の業界にも広まった。
-------------------------------------

もともとが映画業界用語だったことからNHKではこの言葉を使わず「春の大型連休」と言っているわけですね。
意識してニュースを聞いていると確かにそうです。

この言葉が生み出されて50年以上が経ち、完全に一般化した用語なので、NHKもそろそろ解禁してもよいのではないかなぁと思います。


ぐっちgucci1212jp  at 21:34  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 時事  

東条湖おもちゃ王国

GWは群馬の義両親が来神するということで、5月5日〜6日は東条湖に1泊旅行。
東条湖おもちゃ王国
昔、東条湖ランドがあったところですね。
東条湖ランドは2000年にクローズし、同年におもちゃ王国がオープンしました。
テーマパーク「おもちゃ王国」は東条湖のほかに、岡山県玉野市(本部)、軽井沢、南知多、城島(大分県)にあります。

DSC_2205


好天の子どもの日なので、親子連れで大混雑でした。
アトラクションの多くは長い行列。
比較的すいているトロッコ列車やトーマス号、メリーゴーランドに乗って、あとは芝生の広場で遊んでいました。

ホテルは隣接するホテルグリーンプラザ東条湖。
おもちゃ王国に隣接しているだけあって、乳幼児歓迎のホテルです。
むしろ、ここに泊まる人はおもちゃ王国が目的の家族だけでしょう。
GW真っただ中の宿泊だったので、ものすごい高額でした…
※一人約25,000円

値段は高級ホテル並みですが、設備やクレンリネスは中の上レベルです。
食事はバイキングですが、メニューの数も味もいたって普通です。
ビジネスホテルに換算すれば、1泊12,000円程度と言えるでしょう。
もっとも、このホテルも通常時はこのぐらいの値段なのかもしれません。

神戸から1時間ほどで行けるところなので、今後は泊まることはないでしょう。

一般の遊園地がジュニアから大人を対象としているのに対し、おもちゃ王国は幼児が楽しめるアトラクションが中心となっています。
なので、大人だけで訪れても楽しくないでしょう。
また、子どもも小学校低学年ぐらいまでしか楽しめないと思います。
小学校4年生ぐらいになるとUSJ等のテーマパークに行きたいでしょう。

逆に1歳8ヶ月のなっちゃんはまだ楽しいとは感じることができない年頃かなぁ。
もう少し大きくなったら楽しめるでしょう。

ぐっちgucci1212jp  at 21:06  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 育児 | ホテル 

ハナミズキ

「空を押し上げて
手を伸ばす君 5月のこと」
一青窈さんの2004年の大ヒット曲「ハナミズキ」です。

DSC_1385


今、家の周りではハナミズキの花が咲き乱れています。
特に神戸市長田区の花がハナミズキということで、街路樹の多くはこの花です。

今まであまり意識していませんでしたが、手のひらを上に向けて腕を伸ばして空を押し上げるように咲いている、というこの歌詞のイメージがピッタリです。
薄紅色や白色など淡い色調の花がさりげなく街を彩り、調和しています。

調べてみると、昔、ワシントンD.C.に桜を贈った返礼品としてハナミズキをもらったそうです。
日本人にとっての桜のように、ハナミズキはアメリカ人にとって春の訪れを感じさせるお花だったのでしょう。


ぐっちgucci1212jp  at 22:08  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 時事  

久しぶりに飲みすぎた

来月のキャンプの打ち合わせをしようということで、職場のメンバーで飲み会を企画。
久しぶりに深江の串くし本舗で。
みんな仕事が忙しく、仕事が終わり次第少しずつ集合する感じで、最終的に6人で。

自分も歳をとり、また周りも既婚者だらけになってきたので最近は恋バナを語り合うような宴はなかったのですが、この日は独身のメンバーから恋の悩みの相談や、最近彼氏と別れたといった話で盛り上がり新鮮でした。

そんなわけで、時間を忘れて楽しく過ごしました。
終電を気にするメンバーが10時半に去ってから、あまり記憶がありません…
この時間はいったいどんな話をしていたんだろう?

蓬田さんと飲み始めるといつもこんなふうになるから不思議です。
最近仕事では立場の違いもあっていろいろ対立することも多いけれど、飲み会の場になるとそれを忘れて心を許して語り合えます。

気がつけばもう12時で「やばい!電車がなくなる!」という時間に。
あわてて深江駅に行き、御影で電車に乗り換えるもメンバーの一人が前後不覚に陥り、自宅が元町にあるメンバーの家まで連れて行って、蓬田さんと私はタクシーで帰りました。
家に着いたら1時半ごろ。
嫁さんの機嫌がとても悪かった。

7時から飲み始めて12時まで5時間があっという間に過ぎ去りました。
無事に家に帰れましたが、久しぶりに飲みすぎ、記憶をなくしました。
仕事のことや家庭(育児)のことで自分自身もかなりストレスを貯めていたのかも。

結局、キャンプの話はあまりできなかったです。
翌日はかなりキツかった。


ぐっちgucci1212jp  at 21:59  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 雑談